書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『中央駅』――「京都新聞」(2020年2月15日)にて

全てを失っても“愛が可能か”

京都新聞【本屋と一冊】にて

京都岡崎蔦屋書店の鵜飼慶樹氏の紹介。

 

……男は仕事や金を手にするが、一度すべてを失った男はそれを維持することができない。ありあまっていたはずの時間が残酷に二人を引き離していく。

家庭も財産も名前も失った人間に、本書の言葉を借りるなら、「愛が可能」なのだろうか。ただ生命を燃やす人間の姿が、ここに確かに存在している。

 

9784779126116.jpg