漢字の生態学

漢字の生態学

日本語を鍛える漢字力のために
川越 泰博/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2005/7/19

書名カナ カンジノセイタイガク
判型/製本 四六/上製
ページ数 223
ISBN 978-4-88202-986-1
Cコード 0081
日本は「ニホン」か「ニッポン」か? 文脈によって驚くほど意味や音を変える漢字。さまざまな異称、人名・地名、物事の程度・区別を表す漢字、似ているけれど異なる漢字……。百面相のような古今の漢字空間を探索する。【品切】川越 泰博978-4-88202-986-1日本語を鍛える漢字力のために
川越 泰博
1946年宮崎県日南市生まれ。中央大学文学部教授(大学院併任)。専門は東洋史、史学博士。
著書『四字熟語歴史漫筆』(大修館書店)『明代中国の軍制と政治』(国書刊行会)『現代中国の疑獄事件』(風響社)『モンゴルに拉致された中国皇帝』(研文出版)『明史』(明徳出版)ほか。