初稿 チャタレー卿夫人の恋人

初稿 チャタレー卿夫人の恋人

D. H. ロレンス/著 、 増口 充/訳
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2005/5/9

書名カナ ショコウチャタレーキョウフジンノコイビト
判型/製本 四六/上製
ページ数 453
ISBN 978-4-88202-979-3
Cコード 0097
三稿がワイセツ論争で有名になった時、ロレンスは初稿を出版しようと考えていた。二稿を含めて粗筋は似ているが、違いは森番が共産主義者で、階級的憎悪が一番激しく、全編にわたって「方言」を使う人物に設定されていることである。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】D. H. ロレンス増口 充978-4-88202-979-3
D. H. ロレンス
著者略歴
D.H.ロレンス 『チャタレー夫人の恋人』で知られるイギリスの国民的作家。『カンガルー』『ロストガール』『狐・大尉の人形・てんとう虫』『処女とジプシー』『鳥と獣と花』『D.H.
ロレンス戯曲集』(以上、邦訳、彩流社刊)『息子と恋人』『虹』『アポカリプス』『アメリカ文学史』など多彩な作品がある。  
増口 充
1952年、長崎県に生まれる。
1975〜76年、イギリス遊学、その後南欧を放浪。
1977年、北九州市立大学外国語学部米英学科卒業。
    長崎県立長崎南高、口加高、五島高、諫早高を経て
    現在、小浜高等学校教諭。
    日本ロレンス協会、日本英文学会(九州支部)会員。
1981年夏、アメリカ、メキシコ、カナダへの旅の途上、タオスなどロレンスの足跡を
     辿る。
1985年『ロレンスのヨーロッパ史Ⅰ』(葦書房)出版。
1987年『ロレンスのヨーロッパ史Ⅱ』(海鳴社)出版。
1991
〜96年「日本におけるD.H.ロレンス書誌」(日本ロレンス協会編
   『D.H.ロレンス研究』1〜6<1921〔大正10〕年〜1940〔昭和15〕年>)。
1995年『D.H.ロレンスと現代』(共著、国書刊行会)出版。
2000年『D・H・ロレンスのヨーロッパ史のうねり』(鳥影社)出版。
2005年『D.H.ロレンス短篇全集 3』(共訳、大阪教育図書)出版。