オーストラリア、少年少女の心の実態

オーストラリア、少年少女の心の実態

少年裁判所判事のケーススタディー
バーバラ・ホルボロー/著 、 梅原 宗敬/訳
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2006/6/9

書名カナ オーストラリアショウネンショウジョノココロノジッタイ
判型/製本 四六/上製
ページ数 366
ISBN 978-4-88202-973-1
Cコード 0336
現行の少年犯罪裁判への抗議を込め、判事を辞職して書いた渾身の書。少年少女たちによる最も凶悪な犯罪を裁く「ミンダ少年裁判所」(シドニー)——その判事を務めた著者が、多くの事件の中から子供たちを通して現れた社会的な問題点を探る。【品切】バーバラ・ホルボロー梅原 宗敬978-4-88202-973-1少年裁判所判事のケーススタディー心をケアするBOOKS
バーバラ・ホルボロー
1930年シドニー生まれ。1945年、糖尿病のためシドニー市内のハイスクールを15歳で中退。19歳で結婚。長男流産、長女出産を経て結婚生活が破綻。法律事務所で働いたのち、一念発起して高校卒業資格を取り、シドニー大学法学部へ。1969年、弁護士資格を取得し市内の低所得者居住地区に事務所開設。1981年、全国で最も重い罪を抱える少年を扱うミンダ少年裁判所初の民間公募判事となる。初の女性判事でもある。少年裁判所の改革に常に心を砕く。波乱の多かった12年間の判事生活に終止符を打ち、1994年に退官。以後、未成年者の権利擁護のために積極的に活動。オーストラリア勲章(OAM)を受賞。
梅原 宗敬
1940年生まれ。国際基督教大学、上智大学、アメリカンスクール・イン・ジャパン、西オーストラリア工業大学等で日本語助手、講師を務めた後、1993年オーストラリアに移住。1999年より南オーストラリア州立職業訓練機関アデレードTAFE通訳・翻訳家養成課程講師。