自然と文学のダイアローグ

自然と文学のダイアローグ

国際シンポジウム沖縄2003 都市・田園・野生
山里 勝己/編著 、 高田 賢一/編著 、 野田 研一/編著 他
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2004/9/1

書名カナ シゼントブンガクノダイアローグ
判型/製本 A5/上製
ページ数 259
ISBN 978-4-88202-917-5
Cコード 0090
「自然—都市、田園、野生」のテーマで行われた文学・環境学会主催の沖縄国際シンポジウム2003の全記録。参加者、ゲーリー・スナイダー、巽孝之、スコット・スロヴィック、高銀、森崎和江、崎山多美、劉克襄、加藤幸子ほか。山里 勝己高田 賢一野田 研一高橋 勤Scott Slovic978-4-88202-917-5国際シンポジウム沖縄2003 都市・田園・野生
Ⅰ 基調講演 ゲーリー・スナイダー
Ⅱ 自然—都市、田園、野生 司会(山里勝己)、巽孝之、シェリル・グロットフェルティ、スコット・スロヴィック、伊藤詔子、中垣恒太郎、結城正美
Ⅲ アジアの自然と文学(司会 野田研一)、高銀、森崎和江、崎山多美、劉克襄、吉田美津
Ⅳ 環境から何を学ぶか(司会 乳井昌史)、加藤幸子、ロバート・マイケル・パイル、カレン・コリガン=テーラー、高田賢一、山城新
山里 勝己
琉球大学教授、ASLE-Japan/文学・環境学会代表。著訳書に『ジャンルを越えて 米須興文教授退官記念論』(山里 勝己 他編、英宝社、2000年)、『惑星の未来を想像する者たちへ』(ゲーリー・スナイダー著、山里 勝己訳、山と溪谷社、2000年)、『終わりなき山河』(ゲーリー・スナイダー著、山里 勝己・原 成吉訳、思潮社、2002年)、『自然と文学のダイアローグ 国際シンポジウム沖縄2003都市・田園・野生』(山里 勝己 他編、彩流社、2004年)、『越境するトポスー環境文学論序説』(共著、彩流社、2004年)、『場所を生きる ゲーリー・スナイダーの世界』(山里 勝己著、山と溪谷社、2006年)などがある。
高田 賢一
青山学院大学教授。著訳書に『はじめて学ぶアメリカ文学史』(板橋 好枝・高田 賢一 編著、ミネルヴァ書房、1991年)、『たのしく読めるアメリカ文学 作品ガイド150 シリーズ文学ガイド2』(高田 賢一 他編著、ミネルヴァ書房、1994年)、『シャーウッド・アンダソンの文学 現代アメリカ小説の原点 MINERVA英米文学ライブラリー5』(高田 賢一 ・森岡 裕一 編著、ミネルヴァ書房、1999年)、『アメリカ小説の変容 多文化時代への序奏  MINERVA英米文学ライブラリー8』(板橋 好枝・高田 賢一 編著、ミネルヴァ書房 、2000年)、『たのしく読める英米青春小説 作品ガイド120 シリーズ文学ガイド9』(高田 賢一・中村 邦生 編著、ミネルヴァ書房 、2002年)、『アメリカ文学のなかの子どもたち 絵本から小説まで MINERVA英米文学ライブラリー12』(高田 賢一著、ミネルヴァ書房、2004年)、『越境するトポスー環境文学論序説』(共著、彩流社、2004年)、『若草物語 シリーズもっと知りたい名作の世界1』(高田 賢一 編著、ミネルヴァ書房、2006年)などがある。