越境するトポス

越境するトポス

環境文学論序説
野田 研一/編 、 結城 正美/編
通常価格
¥4,950
販売価格
¥4,950
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2004/7/23

書名カナ エッキョウスルトポス
判型/製本 A5/上製
ページ数 322
ISBN 978-4-88202-910-6
Cコード 0090
G. スナイダーと宮沢賢治の文学的遭遇をはじめ、藤原新也の「原アジア体験」、石牟礼道子の多次元的世界、林京子のヒロシマからニューメキシコの旅など、日米のアメリカ文学研究者が、「環境と文学」のテーマで論じる共同研究集。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】野田 研一結城 正美978-4-88202-910-6環境文学論序説
目次
覚醒する〈場所の感覚〉生田 省悟
山犬をめぐる冒険 野田 研一
ヒバクシャと越境する場所の感覚 小谷一明
Xのなめらかな表皮をめくると スコット・スロヴィック
場所の感覚を求めて 山里 勝己
世界を駆けるジョン・ミューア マイケル・P・ブランチ
テリー・テンペスト・ウィリアムス シェリル・グロトフェルティ
環境文学のエコ=ロジカルな試み 結城正美
動物との出会いを求めて 高田 賢一
海をめぐるネイチャーライティング 山城新
ウォレス・ステグナーのウィルダネス思想 マイケル・コーエン
石牟礼道子『天湖』にみる多次元的世界 ブルース・アレン
『ゴースト・ウェスト—過去と現在の省察』アン・ロナルド
エコクリティシズム文献案内 結城正美
野田 研一
1950年生 立教大学教授。著訳書に『荒野、わが故郷 アメリカン・ネーチャー・ライブラリー』(エドワード・アビー著、野田 研一訳 宝島社、1995年)、『アメリカ文学の自然を読む  ネイチャーライティングの世界へ MINERVA英米文学ライブラリー2』(スコット・スロヴィック・野田 研一 編著、ミネルヴァ書房、1996年)、『テレミニッツ エコロジスト』(金星堂、1998年)、『交感と表象 ネイチャーライティングとは何か』(野田 研一 著、松柏社、2003年)、『岩波講座 文学7 つくられた自然』(共著、岩波書店、2003年)、『自然と文学のダイアローグ 国際シンポジウム沖縄2003…都市・田園・野生』(共著、彩流社、2004年)、『越境するトポス 環境文学論序説』(野田 研一・結城 正美 編、彩流社、2004年)、『自然を感じるこころ ネイチャーライティング入門 ちくまプリマー新書 65』(野田 研一 著、筑摩書房、2007年)などがある。
結城 正美
1969年生 金沢大学助教授。著訳書に『デザート・クァルテット―風景のエロティシズム』 (テリー・テンペスト ウィリアムス、メアリー フランク著、木下 卓・結城 正美 訳、松柏社、1996年)、『自然と文学のダイアローグ 国際シンポジウム沖縄2003…都市・田園・野生』(共著、彩流社、2004年)、『「場所」の詩学―環境文学とは何か』(高 銀・ゲーリー スナイダー・森崎 和江・加藤 幸子・内山 節著、生田 省悟・村上 清敏・結城 正美 編、藤原書店、2008年)などがある。