ロレンスとマードック

ロレンスとマードック

父性的知と母性的愛
野口 ゆり子/著
通常価格
¥2,530
販売価格
¥2,530
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2004/4/30

書名カナ ロレンストマードック
判型/製本 四六/上製
ページ数 241
ISBN 978-4-88202-890-1
Cコード 0098
「性愛」のD. H. ロレンスの根底には哲学があり、「哲学的会話」を多用するアイリス・マードックには、父と娘を通した愛がある…イギリスを代表する二人の作家の新たな世界を「哲学」をキーワードに読み直す気鋭の批評集。【品切】野口 ゆり子978-4-88202-890-1父性的知と母性的愛
序章 母の息子と父の娘
第一部 ロレンス——知を求めた母の息子
第一章 ロレンスとラッセル
第二章 反哲学者としてのロレンス
第三章 哲学としての『アポカリプス』
第二部 マードック——愛を求めた父の娘
第一章 愛と哲学
第二章 『哲学者の弟子』
第三章 『本と友愛』
野口 ゆり子
拓殖大学講師、現代イギリス文学専攻、日本ロレンス協会会員
著書に「ロレンス精神の旅路ークリステヴァを通して読む」(彩流社)がある