からだはどこにある?

からだはどこにある?

ポップカルチャーにおける身体表象
日比野 啓/編著 、 村山 敏勝/編著 、 三浦 玲一/編著 他
通常価格
¥2,420
販売価格
¥2,420
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2004/5/24

書名カナ カラダハドコニアル
判型/製本 A5/並製
ページ数 245
ISBN 978-4-88202-887-1
Cコード 0090
「頭で考えるのではなく、体で感じなくちゃいけない」。ロックやマンガではおなじみのフレーズだ。しかし「体で感じる」ことは「頭で考える」ことと本当に違うのか? 構築主義的身体観からポップカルチャーを新たに語り直す論考。日比野 啓村山 敏勝三浦 玲一吉原 ゆかり978-4-88202-887-1ポップカルチャーにおける身体表象成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書
収録内容/序章 「からだ」と「こころ」はちがうのか?(ブルース・リー)日比 野啓、三浦 玲一、村山 敏勝/1 マドンナの〈越境〉をめぐって(マドンナ)藤沢 祥子/2 Do We Rock?(E・プレスリー)源中 由記/3 トランスヴェスタイトの身体(安野モヨコ)吉原 ゆかり/4 阪妻の立ち回り再考(阪東妻三郎)松本 靖彦/5 曽我廼家五郎の声と身体(曽我廼家五郎)日比 野啓/6 「危うい体」を生きる少女達(指輪ホテル)内藤 麻緒/7 バロウズ、あるいは中毒と方法(W・バロウズ)高吉一郎/8 マクドナルドには首がない(ロス・マクドナルド)村山 敏勝/終章 「身体」はどこにある?(A・ウォーホル)三浦 玲一
日比野 啓
比較演劇・演劇理論。成蹊大学文学部助教授。こまばアゴラ劇場客員学芸員。著書にハワード・S・ヒベット+文学と笑い研究会編『笑いと創造 第三集』(共著、勉誠出版、2003年)、日本近代演劇史研究会編『二〇世紀の戯曲Ⅲー現代戯曲の変貌』(共著、社会評論社、近刊)訳書に『Anymore:グローバル化の諸問題』(NTT出版、2003年)他がある。
村山 敏勝
批評理論、セクシュアリティ論、英文学。成蹊大学文学部助教授。著書に石塚久郎・鈴木晃仁編『身体医文化論ー感覚と欲望』(共著、慶應義塾大学出版会、2002年)訳書にディヴィッド・M・ハルプリン『聖フーコー』(太田出版、1997年)、バトラー、ラクロウ、ジジェク『偶発性、ヘゲモニー、普遍性』(共訳、青土社、2002年)他がある。