ヘンリー・ジェイムズのアメリカ

ヘンリー・ジェイムズのアメリカ

藤野 早苗/著
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2004/4/14

書名カナ ヘンリージェイムズノアメリカ
判型/製本 四六/上製
ページ数 307
ISBN 978-4-88202-885-7
Cコード 0098
アメリカを見つめつづけた作家ジェイムズ。彼の内なる《アメリカ》に軸を据え、代表作を時代順に解読。ヨーロッパに憧れる“新しい国”から、富が支配する“消費大国”へ——作品の中にアメリカのたどった道のりを読み解く。書誌・年譜付。藤野 早苗978-4-88202-885-7
第1章 ジェイムズの目指す芸術家像……『ロデリック・ハドソン』
  1 「最初の」小説『ロデリック・ハドソン』
  2 ローマに魅せられたジェイムズ
  3 ロウランドに投射されるジェイムズの基軸
  4 ヨーロッパの魅力と危険
  5 「アメリカ人であることの複雑な運命」——ジェイムズの目指す芸術家像

第2章 越えられない文化の壁……『アメリカ人』『ヨーロッパ人』『デイジー・ミラー』
  1 アメリカ人にとってのヨーロッパ
  2 金銭では解決できない文化の壁——『アメリカ人』
  3 ニューイングランドの人々から見た「ヨーロッパ人」——『ヨーロッパ人』
  4 アメリカ人社会から締め出されたデイジー——『デイジー・ミラー』
  5 異文化の相克にみる多様化しつつあるアメリカ人

第3章 自我の飛翔を求めて……『ある婦人の肖像』
  1 ジェイムズの見るアメリカ女性
  2 自由の幻想
  3 ヨーロッパの洗練への憧れ
  4 意識と現実との軋轢
  5 自我の飛翔を求めて

第4章 消費社会への懸念……『ボストンの人々』
  1 6年ぶりのアメリカ
  2 消費社会の特質と女性運動
  3 消費社会とパブリシティ
  4 少数派としての消費社会批判
  5 ヨーロッパに戻るジェイムズ

第5章 ジャーナリズムとプライバシー……『ザ・リヴァーバレイター』『アスパーンの手紙』『あるロンドンの生活』
  1 6ヵ月のイタリア滞在
  2 パブリシティの風潮——『ザ・リヴァーバレイター』
  3 詩人のプライバシー——『アスパーンの手紙』
  4 アメリカニズムのゆくえ——『あるロンドンの生活』
  5 アイデンティティを修正するジェイムズ

第6章 アメリカ再評価……三幕劇『デイジー・ミラー』四幕劇『アメリカ人』「アメリカ文学批評」
  1 苦境に立つジェイムズ
  2 三幕劇『デイジー・ミラー』
  3 劇作に目指したもの
  4 アメリカ的な価値を見出す文学批評
  5 ホーソーン批評の変化

第7章 生への希求と巨万の富……『鳩の翼』
  1 『鳩の翼』の背景
  2 金銭欲の渦巻く20世紀初頭のイギリス社会
  3 生を希求するミリー
  4 「鳩の翼」の意味するもの
  5 富と寛大な心

第8章 パリから見たアメリカ消費社会……『使者たち』
  1 『使者たち』とアメリカ消費社会
  2 ストレザーの意識
  3 パリにみる消費社会
  4 消費社会と女性
  5 新しい世紀のアメリカ

第9章 人間関係の商品化……『黄金の盃』
  1 『黄金の盃』とジェイムズの時代認識
  2 「商取引」の共通認識
  3 「商取引」による人間関係のひずみ
  4 マギーの挑戦
  5 消費社会の危険

第10章 再訪者の目に映る不安な情景……『アメリカの風景』
  1 21年ぶりのアメリカ
  2 摩天楼に象徴されるアメリカ社会の変貌
  3 異文化圏からの大量移民とアメリカ人のアイデンティティ
  4 なつかしい場所を訪ねて
  5 アメリカ社会のゆくえ
藤野 早苗
恵泉女学園大学名誉教授
著書:「ヒロインから読むアメリカ文学」(共著、頸草書房、1999)「英米文化学の
こころみ」(共著、彩流社、2000)「ポーと雑誌文学ーマガジニストのアメリカ」(共著、
彩流社、2001)「英米文化の光と陰」(共著、彩流社、2001)「ヒーローから読み直す
アメリカ文学」(共著、頸草書房、2001)
訳書:エレン・グラスゴウ「不毛の大地」(共訳、荒地出版社、1995)