文化アイデンティティの行方

文化アイデンティティの行方

一橋大学 言語社会研究科 国際シンポジウムの記録
三浦 玲一/編著 、 鵜飼 哲/編著 、 恒川 邦夫/編著 他
通常価格
¥5,280
販売価格
¥5,280
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2004/3/11

書名カナ ブンカアイデンティティノユクエ
判型/製本 A5/上製
ページ数 457
ISBN 978-4-88202-884-0
Cコード 0090
クレオールとハイブリディティ、文学理論と文学研究、中国とイスラムの問題、二つのドイツ、様々な国々におけるマイノリティたち。縦横な切り口から、現代の課題「文化アイデンティティ」の動向を探る国際シンポジウムの記録。 三浦 玲一鵜飼 哲恒川 邦夫古澤 ゆう子坂井 洋史中井 亜佐子武村 知子978-4-88202-884-0一橋大学 言語社会研究科 国際シンポジウムの記録
第1章 混成か純化か 
〈基調講演〉未来にためされる根おろしと移動 エミール・オリヴィエ・恒川邦夫訳  文明の終わり? ウォルター・ベン・マイクルズ・三浦玲一訳
第2章 坩堝と四散—解題 恒川邦夫
第3章 ドイツ語圏文化アイデンティティの多様性—解題 古澤ゆう子
第4章 アジアからの視線—解題 坂井洋史
第5章 イスラムの問題—解題 鵜飼 哲
第6章 合州国の文学から考える—解題 三浦玲一
第7章 ハイブリッドとは何か—解題 中井亜佐子 
三浦 玲一
1965年生まれ 一橋大学 言語社会研究科 助教授 アメリカ文学 著書に『からだはどこにある? ポップカルチャーにおける身体表象』(共著、彩流社、2004年)、『ポスト・フェミニズム』(共著、作品社、2003年)他、訳書に『パラダイス』ドナルド・バーセルミ(彩流社、1990年)他がある。
鵜飼 哲
一橋大学 言語社会研究科 教授。著訳書等に『主権のかなたで』(鵜飼 哲著、岩波書店、2008年)、『精神分析の抵抗』(ジャック・デリダ著、鵜飼 哲 他訳、青土社、2007年)、『戦争の克服 集英社新書』(阿部浩己・鵜飼哲・森巣博著、集英社、2006年)、『生きることを学ぶ、終に』(ジャック・デリダ著、鵜飼 哲訳、みすず書房、2005年)、『マグレブ、複数文化のトポス』(アブデルケビール・ハティビ著、澤田 直編訳・福田 育弘訳、共著、青土社、2004年)、『文化アイデンティティの行方 「詩人の分有、あるいは女たちの分有」(翻訳・ハーシム・フォーダ)』(共著、彩流社、2004年)、『応答する力』(青土社、2003年)、『フロイトと非ヨーロッパ人』(エドワード W.サイード著、長原 豊訳、翻訳解説、平凡社、2003年)、『アメリカ・宗教・戦争』(西谷修・鵜飼哲・宇野邦一著、せりか書房、2003年)、『魯迅』(竹内好著、新版解説、未来社、2002年)、『イスラーム辞典』(大塚 和夫 他編、共著、岩波書店、2002年)、『償いのアルケオロジー』(河出書房新社、1997年)、『抵抗への招待』(みすず書房、1997年)、『原理主義とは何か』(西谷修・鵜飼哲・港千尋著、河出書房新社、1996年)、「ある情動の未来 〜恥の歴史性をめぐって〜」(雑誌『トレイシーズ』、2000年11月)、『ジュネ伝〈上・下〉』(エドマンド・ホワイト著、鵜飼哲訳、河出書房新社、2003年)、『友愛のポリティックス(1・2)』(ジャック・デリダ著、鵜飼 哲訳、みすず書房、2003年)、『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』(ジャン・ジュネ著、鵜飼 哲 編訳、現代企画室、1999年)、『盲者の記憶』(ジャック・デリダ著、鵜飼 哲訳、みすず書房、1998年)、『国民とは何か』(エルネスト・ルナン 他著、鵜飼 哲 他訳、インスクリプト、1997年)、『ショアーの衝撃』(鵜飼 哲・高橋 哲哉 編、未来社、1995年)、『恋する虜』(ジャン・ジュネ著、鵜飼哲・海老坂武訳、人文書院、1994年)、『他の岬 ヨーロッパと民主主義』(ジャック・デリダ著、高橋 哲哉・鵜飼 哲訳、みすず書房、1993年)、「転位と女のディスクール」(ガヤトリ・C・シュピヴァク著、鵜飼哲・武内旬子 訳、『現代思想 13(1)』 、青土社、1985年1月)他多数。