大和誕生と水銀

大和誕生と水銀

土ぐもの語る古代史の光と影
田中 八郎/著
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2004/3/30

書名カナ ヤマトタンジョウトスイギン
判型/製本 A5/並製
ページ数 383
ISBN 978-4-88202-877-2
Cコード 0021
古代大和がなぜ奈良県にあるのか? 大和誕生を支えた多量の水銀を産出する鉱脈の存在。当時の国際都市、豊か生活の地を求めた天孫族侵出の様相──。古墳・大仏・古代都の知られざる実相を地元の語り部が描く。写真多数 【品切】田中 八郎978-4-88202-877-2土ぐもの語る古代史の光と影
序章 「やまと」が奈良県にあるわけ 2章 大和の活性源は水銀 3章 さんちゅうの多面相 4章 水分の正体 5章 水分神の素性と仮面 6章 水銀の活躍 ─丹生の淘汰 7第八章 嫌われた大仏 8章 古墳とは何だったのか 9章 丹生神と丹生川上神 10章 山の世界への憧れと遺産 11章 ツバ市の力量 ─いわれの役割 12章 磐余山と「聖イワレ」の移転 終章 光あれエウカシ! 甦れ葛文化
田中 八郎
『大和誕生と神々 ──三輪山のむかしばなし』
●地元桜井市で観光用ペンションのオーナー。毎日、午後8時より宿泊者に「大和の古代史案内」の講演会を開催。