どうなる日朝国交交渉

どうなる日朝国交交渉

日朝国交促進国民協会/編
通常価格
¥880
販売価格
¥880
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2003/2/25

書名カナ ドウナルニッチョウコッコウコウショウ
判型/製本 A5/並製
ページ数 95
ISBN 978-4-88202-802-4
Cコード 0030
2002年9月17日の小泉首相の訪朝後の日朝関係の問題点を多角的に検討し、北東アジアの安定と平和への視座を提示するシンポジウムの記録。小此木政夫/小牧輝夫/和田春樹/高崎宗司/金忠植/山室英男/渡辺昭夫/伊豆見元/倉田秀也 【品切】日朝国交促進国民協会978-4-88202-802-4
はじめに 日朝国交促進国民協会副会長 明石 康 
第1部 日朝交渉と懸案問題
北朝鮮問題と日朝交渉—五つのポイント 小此木政夫(慶応大学教授) 
平壌宣言をあらためて考える 小牧輝夫(国士館大学教授) 
拉致問題の交渉を打開する道 和田春樹(東京大学名誉教授) 
第2部 マスコミ報道と世論
日朝首脳会談後のマスコミの北朝鮮報道 高崎宗司(津田塾大学教授) 
拉致報道を見る目 金忠植(東亜日報東京支社長) 
テレビ報道について思う 山室英男(元NHK解説委員長) 
●補足意見 小中陽太郎(中部大学教授)
第3部 核問題と日米韓協力
核問題と日朝国交交渉 渡辺昭夫(平和安全保障研究所理事長) 
米朝チキンゲームの先をおそれる 伊豆見元(静岡県立大学教授) 
核問題と日米韓協力 倉田秀也(杏林大学助教授) 
おわりに ─日朝国交促進国民協会会長 村山富市 
資料
日朝国交促進国民協会創立宣言(2000年7月3日)
日朝国交促進国民協会役員(2003年1月現在)
日朝平壌宣言(2002年9月17日)
声明 日朝国交交渉の再開を支持する(2002年10月15日)
日朝国交促進国民協会
参加者
明石 康/小此木 政夫/小牧 輝夫/和田 春樹/高崎 宗司/金 忠植/山室 英男/
小中 陽太郎/渡辺 昭夫/伊豆見 元/倉田 秀也/村山 富市 ほか