軍需産業と女性労働

軍需産業と女性労働

第二次世界大戦下の日米比較
佐藤 千登勢/著
通常価格
¥5,500
販売価格
¥5,500
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2003/3/17

書名カナ グンジュサンギョウトジョセイロウドウ
判型/製本 A5/上製
ページ数 403
ISBN 978-4-88202-801-7
Cコード 0020
総力戦体制下の女性労働の実態と“言説”を比較史的手法で捉え、女性史における新たな地平を開いた労作。日米における女性労働力の軍需産業への動員の仕方、職場におけるジェンダー関係の変化などに関する類似性と相違点を描く。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】佐藤 千登勢978-4-88202-801-7第二次世界大戦下の日米比較
佐藤 千登勢
1986年 一橋大学経済学部卒業
1988年 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了
    一橋大学大学院経済学研究科博士課程を経て
1993年 デューク大学大学院歴史学部博士課程修了
現 在 西南学院大学文学部国際文化学科助教授、Ph.D.(歴史学博士)
《主要論文》
「第二次大戦期の合衆国における総動員体制と女性労働」『アメリカ研究』 第31号 (1997)
「『女性の特性』を生かした労働と技術革新—第二次大戦期のアメリカ合衆国における女性労働と技術をめぐって」『女性学』vol.6 (1998)など。