炭焼きの二十世紀

炭焼きの二十世紀

書置きとしての歴史から未来へ
畠山 剛/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2003/3/10

書名カナ スミヤキノニジュッセイキ
判型/製本 四六/並製
ページ数 285
ISBN 978-4-88202-791-1
Cコード 0021
“かつて木炭は米に次ぐ生活必需品であった……” 家庭用燃料の主役からの後退、そして地球環境保全物質としての復活。明治から現在まで、製炭技術の向上・品質改善に取り組んだ人々と第一線生産者の炭焼き生活の実態と歩みを描く。畠山 剛978-4-88202-791-1書置きとしての歴史から未来へ
畠山 剛
著書『学校が消えた』彩流社 1998年
  『新版 縄文人の末裔たち』彩流社 1997年
  『むらの生活誌』彩流社 1994年
  『岩手木炭』日本経済評論社 1980年
  『学校をつくる』民衆社 1976年
  『炭焼物語』雄山閣 1971年
  『へき地教育の主体的創造』(共著)明治図書 1971年
  『山峡に働く人々』(共著)三一書房 1961年