消された古代東ヤマト

消された古代東ヤマト

蓬莱の国 東三河と徐福
前田 豊/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2003/2/5

書名カナ ケサレタコダイヒガシヤマト
判型/製本 四六/並製
ページ数 263
ISBN 978-4-88202-790-4
Cコード 0021
「記紀神話」に符合する地名や伝説を掘り起こし、“二つの古代ヤマト”の仮説を導き出すとともに、古代史上に“東三河”を浮上させた“前田古代史”の総集・決定版。“徐福文献”の検討を通して、蓬莱の国と徐福の謎に迫る。 前田 豊978-4-88202-790-4蓬莱の国 東三河と徐福
★主な収録目次/第1編 消された古代東ヤマト・1章 東三河(日本の源流か)の古代史「記紀神話の舞台」「存在した古代東ヤマト」「古代東ヤマトの封印」ほか 2章 東三河は邪馬台国!?「封印された古代東ヤマトの浮上」「邪馬台国の女王の都は何処か」ほか 3章 三遠地方の謎と不思議な伝承「古代天皇/聖徳太子/日本神話/古代日本の呼称について」「信仰/富士・不二に関するもの/異界伝説」ほか 4章 徐福と不二高天原の謎「東三河は秦の徐福の定着地との伝承」「鳳来寺山と宮下文書の共鳴」「高天原と徐福の痕跡」ほか 5章 古代東ヤマトへの新たなる提言「古代ヤマトは、古史古伝の富士王朝そのものか」ほか 第2編 古代東三河の諸資料・伝承
前田 豊
前田 豊
1941年兵庫県神戸市に生まれ。1967年大阪大学工学部応用化学修士課程修了。繊維化学会社・情報関連業務に従事。
愛知県豊橋市在勤中、日本最古の人骨が発見された牛川原人遺跡近くに住んだことから、この地方の古代史に興味をもち。趣味として調査を重ねるうちに、その歴史の古さ、遺跡の豊富さに尋常ならぬものを感じ取り、名古屋「郷土文化」誌、「歴史研究」誌、「在野史論」No4等に各種研究論文として発表。
著書 『古代神都 東三河──日本の源流』(彩流社)
   『倭国の真相──古代神都東三河Ⅱ』(彩流社)