奴隷制の記憶

奴隷制の記憶

サマセットへの里帰り
ドロシー・スプルール・レッドフォード/著 、 樋口 映美/訳
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2002/6/7

書名カナ ドレイセイノキオク
判型/製本 四六/上製
ページ数 315
ISBN 978-4-88202-754-6
Cコード 0022
「ひいおじいさんは奴隷?」幼い娘の問いをきっかけに 自らのルーツを求めて、奴隷であった祖先の歴史を探り、プランテーション、ノースキャロライナ州“サマセット”の生活とゆかりの人々の絆を現在に蘇らせる、ある黒人女性の11年に及ぶ旅!ドロシー・スプルール・レッドフォード樋口 映美978-4-88202-754-6サマセットへの里帰り
ドロシー・スプルール・レッドフォード
Drothy Spruill Redford。1943年ノースキャロライナ州コロンビアに生まれる。3歳から11歳ころまでの8年間ニューヨーク市の伯父夫婦に預けられる。高校卒業後1960年代前半を再びニューヨーク市で暮らし、その間に未婚の母となる。1965年夏、娘デボラとともに南部にもどり、やがてヴァージニア州の福祉業務に携わる。現在、ノースキャロライナ州史跡管理室に所属し、史跡サマセットの主任としてその充実に尽力している。
樋口 映美
1950年三重県に生まれる。現在、共立女子大学国際文化学部教授。文学博士。著書に、『アメリカ黒人と北部産業ー戦間期における人種意識の形成ー』(彩流社、1997)、訳書に『アメリカ黒人姉妹の一世紀ー家族・差別・時代を語るー』(彩流社、2000)がある。