従順な妻

従順な妻

ジュリア・オフェイロン/著 、 荒木 孝子/共訳 、 高瀬 久美子/共訳
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2002/7/12

書名カナ ジュウジュンナツマ
判型/製本 四六/上製
ページ数 367
ISBN 978-4-88202-747-8
Cコード 0097
アイルランド人作家が、無秩序な都市LAを舞台に、カトリック司祭と無神論者との恋、思春期を迎えた少年の不安定な日常を繊細な構成で描き、家族とは、夫婦とは、親子とは何かを問いかける長編小説。【品切】  ジュリア・オフェイロン荒木 孝子高瀬 久美子978-4-88202-747-8
ジュリア・オフェイロン
Julia O’Faolain 1932年生まれ。作家ショーン・オフェイロンの娘。ダブリンのユニヴァーシティ・カレッジで学位取得後、ローマでパリで学ぶ。フィレンツェに数年滞在後、ロサンゼルスとロンドンを拠点として活躍。現在、ロンドン在住。代表作は、『Women in the Wall(1975)』『No Country for Young Men(1980)』『The Obedient Wife(1982)(本書)』『The Irish Signorina(1984)』など。
荒木 孝子
1941年生まれ。1964年、奈良女子大学文学部英語英米文学科卒業。1972年、奈良女子大学大学院文学研究科卒業。1972年より奈良女子大学文学部附属中・高等学校教諭、同時に奈良女子大学文学部非常勤講師として勤務。2002年、奈良女子大学付属中等教育学校を退職。現在、奈良女子大学文学部非常勤講師。イアシル・ジャパン会員。