〈アイヌ学〉の誕生

〈アイヌ学〉の誕生

金田一と知里と
丸山 隆司/著
通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2002/4/20

書名カナ アイヌガクノタンジョウ
判型/製本 A5/上製
ページ数 309
ISBN 978-4-88202-735-5
Cコード 0090
金田一京助と知里幸恵・真志保の姉弟に焦点を当て、〈アイヌ〉学の誕生を論じ、両者の位相差を解明。アイヌという〈他者〉、〈他者〉である日本人の表象、北海道と呼ぶことで、その言説がいかに繰り広げられたのかを近代文学から抽出。【品切】丸山 隆司978-4-88202-735-5金田一と知里と
Ⅰ部〈アイヌ〉学の誕生
①金田一京助
②知里幸恵編著『アイヌ神謡集』 
③知里真志保 
Ⅱ部〈他者〉をめぐる言説 
①〈アイヌ絵〉の言説 
②〈他者〉の文学 
③〈他者〉の言語─知里幸恵『アイヌ神謡集』《序》文をめぐって 
Ⅲ部〈北海道〉という場所 
①〈風景)の経歴 
②批評の消去—志賀直哉「網走まで」
丸山 隆司