ドン・カズムーロ

ドン・カズムーロ

マシャード・デ・アシス /著 、 伊藤 奈希砂/訳 、 伊藤 緑/訳 他
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2002/2/20

書名カナ ドンカズムーロ
判型/製本 四六/上製
ページ数 380
ISBN 978-4-88202-733-1
Cコード 0097
ブラジル最大の作家が描くシェイクスピアの『オセロー』を彷彿とさせる作品で、妻と親友の不義によって、主人公の「ドン・カズムーロ」(陰気な男)と呼ばれる主人公が嫉妬で懊悩する青春の日々を描くマシャードの最高傑作。     【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】マシャード・デ・アシス 伊藤 奈希砂伊藤 緑田所 清克978-4-88202-733-1
マシャード・デ・アシス 
Machado de Assis, Joaquim Maria  【1839-1908】。 
邦訳書に『ドン・カズムッホ  光文社古典新訳文庫』
(マシャード・ジ・アシス/武田千香訳、2014年2月、光文社)、
『ブラス・クーバスの死後の回想  光文社古典新訳文庫』
(マシャード ジ・アシス著、武田千香 訳、光文社、2012年5月)
、『ブラス・クーバスの死後の回想』(伊藤奈希砂・伊藤緑 訳、
国際語学社、2009年01月)、『天使と悪魔の物語 (ちくま文庫)』
(「悪魔の教会」収録、風間賢二編訳、筑摩書房、1995年)、
『学校物語 -他4篇』(古野菊生訳、大学書林、1985年)、
『マシャード短篇選』(高橋都彦訳、大学書林、1982年)、
『狐とぶどう』 収録「議定書」O Protocolo』(テアトル、1977年)、
『ブラジル文学短篇集 収録「クリスマス・イヴのミサ」Missa do Galo』
(広川和子訳、新世界社、1977年)、
『世界短篇文学全集〔9〕南欧文学近代 収録「秘密」A causa secreta』
(池上岑夫訳、集英社、1963年)などがある。
伊藤 奈希砂
1968年4月、大阪府生まれ。ブラジル国立フルミネンセ大学文学部公費留学を経て、京都外国語大学大学院修了。現在は、ブラジル民族文化センター主任研究員。翻訳フリーランサー。著訳書に『ブラジル文学序説』(田所清克・伊藤奈希砂著、国際語学社、 2011年)、『あなただけのブラジル・ポルトガル語家庭教師』(田所清克・伊藤奈希砂著、国際語学社、2009年)、『ブラス・クーバスの死後の回想』(マシャード・デ・アシス著、伊藤奈希砂・伊藤緑訳、国際語学社、2009年)、『社会の鏡としてのブラジル文学 文学史から見たこの国のかたち』(田所 清克・伊藤 奈希砂 著、国際語学社、2008年)、『ブラジルポルトガル語手紙の書き方』(田所 清克との共著、国際語学社、2007年)、『三匹のまずしい子ブタ』(エリコ・ヴェリッシモ著、伊藤 奈希砂 訳、たかはし なな画、国際語学社、2007年)、『ネイティブもうなるブラジル・ポルトガル語会話の本』(田所 清克との共著、国際語学社、2007年)、 『「図と表で整理する」ブラジル・ポルトガル語文法』(田所 清克との共著、国際語学社、2006年)、『らくらくブラジル・ポルトガル語文法+演習問題』(田所 清克との共著 、国際語学社、2005年)、『現代ポルトガル文法』(田所 清克との共著、白水社、2004年)、『ドン・カズムーロ』(マシャード・デ・アシス著、伊藤 緑との共訳、彩流社、2002年)、『ゼロから始めるブラジル・ポルトガル語』(田所 清克との共著、三修社、2000年)、『ブラジル文学事典』(田所 清克との共編著彩流社、2000年)『遥かなる調べ』(エリコ・ヴェリッシモ著、伊藤 奈希砂訳、彩流社、2000年)、『野の百合を見よ』(エリコ・ヴェリッシモ 著、伊藤 奈希砂訳、地湧社、1995年)、『メモ式ブラジル・ポルトガル語早わかり』(田所 清克との共著、三修社、1994年・1997年・1998年(新版)・2000年・2001年)、 『教育現場のポルトガル語』(田所 清克との共著、泰流社、1992年)などがある。