遺跡と発掘の社会史

遺跡と発掘の社会史

発掘捏造はなぜ起きたか
森本 和男/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2001/6/3

書名カナ イセキトハックツノシャカイシ
判型/製本 四六/上製
ページ数 270
ISBN 978-4-88202-696-9
Cコード 0021
遺跡の大半は吉野ヶ里や三内丸山遺跡のように公共事業の過程で発見されている。社会変動と深い関係にありながら、社会的視点で語られることの少なかった埋蔵文化財(遺跡・遺物)の歴史と問題点を発掘の現場に携わる著者が鋭く抉る。森本 和男978-4-88202-696-9発掘捏造はなぜ起きたか
 第1章 埋蔵文化財の誕生(遺跡の発見と緊急発掘ほか)
 第2章 高松塚古墳と飛鳥保存の経緯(世紀の発見と考古学ブームほか)
 第3章 吉野ヶ里遺跡と三内丸山遺跡の発見(三内丸山遺跡をめぐる新聞報道と遺跡保存ほ  か)
 第4章 消費文化としての考古学(千葉県に見る宅地造成と埋蔵文化財ほか)
 第5章 旧石器発掘捏造事件と埋蔵文化財行政(捏造を見抜けなかった理由と社会的反応ほ  か)
 関連年表
森本 和男