大密林

大密林

A Selva
フェレイラ・デ・カストロ/著 、 阿部 孝次/訳
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2001/8/11

書名カナ ダイミツリン
判型/製本 四六/上製
ページ数 300
ISBN 978-4-88202-669-3
Cコード 0097
ゴム林、インディオ、そして日本人移民の到着……1920年代のアマゾンの奥地で繰り広げられる自然と人間の壮絶なドラマ——ゴム樹液採取人として過酷な生活を送った著者が、その移民体験体験をもとに描くポルトガル文学の傑作。   フェレイラ・デ・カストロ阿部 孝次978-4-88202-669-3A Selvaポルトガル文学叢書
フェレイラ・デ・カストロ
Jose Maria Ferreira de Castro 1898年、ポルトガル北部のアヴェイロ県サルゲイロスで生まれる。8歳の時、父を亡くし、初等教育を終えたあと、12歳でブラジルのベレンに移住。アマゾン奥地のゴム林で4年間、ゴム樹液採取人として生活を送った。1919年ポルトガルに帰国、文筆生活に入った。ブラジル・サンパウロ州での貧しいポルトガル人移民の実態を描いた小説『移民』(1928)で注目を浴び、続いて自らのアマゾンでの移民体験をもとに発表した『大密林』(1930、本訳書・彩流社、2001年)は14か国語に訳され、名声は世界的に広まった。1951年にノーベル文学賞候補になった。他の作品に『寒冷地』(1934)、『羊毛と雪』(1947)『日本紀行「開戦前夜」』(フェレイラ・デ・カストロ著、阿部孝次訳、彩流社、2006年)など。1974年没。

阿部 孝次
1957年、大阪市生まれ。東京大学教養学部卒。1982年からマドリード・コンプルテンセ大学留学。 現在、読売新聞記者。著訳書に『北海道・サハリンの旅』(東京読売サービス)『日本紀行「開戦前夜」』(フェレイラ・デ・カストロ著、阿部孝次訳、彩流社、2006年)『大密林』(フェレイラ・デ・カストロ 著、阿部孝次訳、彩流社、2001年)『砂の戦士たち』(ジョルジェ・アマード著、阿部孝次訳、彩流社、1995年)『マリアネラ』(ベニート・ペレス・ガルドス著、阿部孝次訳、彩流社、1993年)などがある。