歴史の散索道

歴史の散索道

『葉隠』、三輪山、キリシタン、そして「北方領土」
三輪 公忠/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2000/4/10

書名カナ レキシノサンサクドウ
判型/製本 四六/並製
ページ数 209
ISBN 978-4-88202-643-3
Cコード 0020
散索道とは、歴史研究の街道筋からちょっとはずれて見えるもの、考えること、と位置づけ、”三輪史学”ともいうべき独自の現代史論を展開する著者の個人史、小論文、随筆を収めた歴史エッセイ。歴史に対する新たなる視座に富む。 【品切】 三輪 公忠978-4-88202-643-3『葉隠』、三輪山、キリシタン、そして「北方領土」
 はしがきにかえて——最終講義
 第1部 『葉隠』とキリシタン、土着と外来、英語文献にみる武士道、『葉隠』、サムライ、 生と死の極意 ほか
 第2部 個人的なあまりにも個人的な鏡、三輪山、有明山、アメリカの臭ほか 
 第3部 和の文化と義の世界、海洋的人間の国際感覚、狂気の1930年代、新渡戸稲造「復 権」広田弘毅再考 ほか 
 第4部 失われた心理的モーメント、「日ソ相互不可侵条約」の顛末と今日、北方領土問題の 解決の条件はこれだ、北方領土問題のゆくえ ほか
三輪 公忠