エル・カミーノ(道)

エル・カミーノ(道)

ミゲル・デリーベス/著 、 喜多 延鷹/訳
通常価格
¥2,420
販売価格
¥2,420
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2000/2/25

書名カナ エルカミーノ
判型/製本 四六/上製
ページ数 233
ISBN 978-4-88202-636-5
Cコード 0097
セラとともに現代スペイン文学を代表するデリーベスが文壇の地位を獲得した記念碑的青春小説。主人公のダニエルを中心に山村に暮らす少年少女たちの素朴な日常生活を通して、人間の本質を暖かい眼差しで描く「スタンド・バイ・ミー」。【品切】ミゲル・デリーベス喜多 延鷹978-4-88202-636-5
ミゲル・デリーベス
Miguel Delibes 1920年、バリャドリード生まれ。2010年、バリャドリードの自宅で逝去。スペインを代表する作家。「糸杉の影は長くなりて」でナダル賞を受賞し、第三作目の本書で文壇に確固たる地位を築き、今日に至るまでスペイン文学のリーダーの一人として活躍していた。
作品に「ねずみ」「猟人日記」「マリオとの五時間」「赤い紙」「落ちた王子様」「無垢なる聖人」最新作に「異端者」などがある。
喜多 延鷹
1932年、長崎市生まれ。
1956年、東京外国語大学イスパニア語学科卒。
現在、和光大学、神田外語大学、東京理科大学、獨協大学でスペイン語を担当。
訳書 フワン・ラモン・サラゴサ「殺人協奏曲」(新潮社)
ミゲル・デリーベス「好色六十路の恋文」(西和書林)
ミゲル・デリーベス「灰地に赤の夫人像」(彩流社)
星新一「最初の説得」「ある研究」(スペイン語訳=共訳)
“Relatos de la tierra y del entorno”(Editorial Popular S.A.,Madrid)に収載。