ロストガール

ロストガール

D. H. ロレンス/著 、 上村 哲彦/訳
通常価格
¥5,060
販売価格
¥5,060
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 1994/4/25

書名カナ ロストガール
判型/製本 四六/上製
ページ数 560
ISBN 978-4-88202-440-8
Cコード 0097
「墜ちてゆく」ことで自立する女性……現代的なテーマで書かれた本書は、『チャタレイ夫人の恋人』に繋がる。上昇することを強いられてきた主人公アルヴァイナが、イタリア人の旅芸人チッチョとの恋で奔放な生にめざめる。本邦初訳。  【品切】D. H. ロレンス上村 哲彦978-4-88202-440-8イギリス文学
D. H. ロレンス
D.H.Lawrence 1885-1930 イギリス中部ノッティンガムの炭坑町イーストウッドで生まれる。
小学校で教鞭を取る傍ら、処女作『白孔雀』を発表、『息子と恋人』で文壇に認められる。
代表作に『チャタレイ夫人の恋人』、『恋する女』などがある。詩人、評論家としても有名。
上村 哲彦
1938年、高知県生まれ。
関西大学大学院修士課程修了
現在、関西大学文学部教授。
著訳書に『ローレンス短篇集 太陽選書』(上村 哲彦訳、太陽社、1975年)、『仮面の神がみ〈上・下巻〉―苦悩する文明への提言』(フランク・ウォーターズ著、上村 哲彦訳、科学情報社、1975年)、『実存主義と現代文学』(ディヴィス・ダンバー・マッケロイ著、松浦 直巳・上村 哲彦訳、三興出版(愛育社)、1976年) 、『英米文学との出会い 』(松浦 直巳との共著、昭和堂、1983年)、『不死鳥 上・下』(D.H.ロレンス著、吉村 宏一他訳、山口書店、1984年・1986年)、『不死鳥(フェニックス)Ⅱ』(D.H.ロレンス著、共訳、山口書店、1992年)、『ロレンス研究―『カンガルー』』(D.H.ロレンス研究会 共著、朝日出版社、1990年)、『ことば・意味・かたち―英米文学-批評と読解』(上村 哲彦・加藤 文彦 編、愛育社、1993年)、『ロレンスのイタリア』(上村 哲彦著、彩流社、1996年)、『折鶴―デズモンド・イーガン詩集』(デズモンド・イーガン著、安川 アキラ・和田 葉子・上村 哲彦 共訳、関西大学出版部、1996年)、『ロストガール』(D.H.ロレンス著、上村 哲彦訳、彩流社、1997年)、『D・H・ロレンス短篇全集〈第1巻〉〈第2巻〉〈第3巻〉〈第4巻〉〈第5巻〉』(D.H. ロレンス著、鉄村 春生・戸田 仁・上村 哲彦・西村 孝次 共訳、大阪教育図書、2003-2007年)、『性の革命 マリー・ストープス伝』(ジューン ローズ著、上村 哲彦・松田 正貴・立本 秀洋 訳、関西大学出版部、2005年)などがある。