激突

激突

ジョン・ホークス/著 、 飛田 茂雄/訳
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 1997/2/10

書名カナ ゲキトツ
判型/製本 四六/上製
ページ数 194
ISBN 978-4-88202-433-0
Cコード 0097
死こそ美の、エロティシズムの極致なのか? 疾走する車の中で語られる近親相姦的な娘への愛情。狂気じみた愛と憎しみを乗せた車は、“創造的な死”をもとめて走り続ける——。現代アメリカン・ゴシックの世界。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】ジョン・ホークス飛田 茂雄978-4-88202-433-0ジョン・ホークス作品集
ジョン・ホークス
John Hawkes(1925-98) アメリカにおいて戦後に出現した実験的な作家の中でも、ジョン・バースや、トマス・ピンチョンと並んでもっとも急進的と言える作家ジョン・ホークス。現代人の深層心理の探求と、日常性から解放された言語による心象世界の構築を目指す作風は、後につづく多くの若い作家たちの心をとらえ、“Writer’s Writer”(「作家好みの作家」)として賛辞を受けている。内なる他者の抑圧とその反動という主題を追求し、精力的に執筆活動を続け、1996年には最新作“The Frog”が刊行されている。1998年5月14日没。邦訳に『人食い ジョン・ホークス作品集1』(飛田茂雄訳、彩流社 、1997年)『罠 ライム・トゥイッグ ジョン・ホークス作品集2』(田中啓史訳、彩流社、1997年)『ブラッド・オレンジ ジョン・ホークス作品集3』(迫 光訳、彩流社、2001年)『激突 ジョン・ホークス作品集4』(飛田茂雄訳、彩流社、1997年)『死、眠り、そして旅人 ジョン・ホークス作品集5 』(柴田裕之訳、彩流社、1998年)『幻想展覧会〔Ⅰ〕 ニュー・ゴシック短篇集 The New Gothic(1991)』(「レグルスとマクシムス(Regulus and Maximus)」収録。パトリック・マグラア、ブラッドフォード・モロー編、柴田元幸、遠藤晶子他訳、福武書店、1992年)『もうひとつの肌 ゴシック叢書28』(吉田誠一・関桂子 訳、国書刊行会、1983年)雑誌『海 11巻4号−特集・今日の海外文学7 喜劇の衝動』(ジョン・ホークス著、飛田茂雄訳「茶番劇」収録。1979/4、中央公論社)などがある。
飛田 茂雄