灰地に赤の夫人像

灰地に赤の夫人像

ミゲル・デリーベス/著 、 喜多 延鷹/訳
通常価格
¥1,815
販売価格
¥1,815
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 1995/12/7

書名カナ ハイチニアカノフジンゾウ
判型/製本 四六/上製
ページ数 146
ISBN 978-4-88202-372-2
Cコード 0097
スペイン語圏で多くの読者をもつデリーベスの新作。独裁者フランコの死を前に騒然とした空気に包まれたカスティリャの小都市で、つつましい生活を送る画家が、亡き妻の思い出を娘に語りかける悲哀に満ちた物語。【品切】ミゲル・デリーベス喜多 延鷹978-4-88202-372-2
ミゲル・デリーベス
Miguel Delibes 1920年、スペインのバリャドリッド生まれ。2010年、バリャドリッドの自宅で逝去。1947年に『糸杉の影は長い』でナダル賞を受賞。その後、幅広い文学活動により数々の文学賞を受けている。1973年には王室アカデミーの会員となる。カスティーリャ地方を舞台とした作品が多いが、代表作として、『エル・カミーノ(道)』『赤い紙』『マリオとの5時間』『異端者』『灰地に赤の夫人像』(以上、彩流社)などがある。
喜多 延鷹
翻訳家。
東京外国語大学イスパニア語学科卒 訳書  ミゲル・デリーベス『エル・カミーノ(道)』『灰地に赤の夫人像』『ネズミ』(彩流社) ミゲル・デリベス『好色六十路の恋文』(西和書林) フワン・ラモン・サラゴサ『殺人協奏曲』(新潮社)ほか