ある亡命者の変身

ある亡命者の変身

ゼルフィ・グスターヴ伝
フランク・ティボル/著 、 西澤 龍生/訳
通常価格
¥5,339
販売価格
¥5,339
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 1994/2/15

書名カナ アルボウメイシャノヘンシン
判型/製本 四六/上製
ページ数 443
ISBN 978-4-88202-278-7
Cコード 0023
革命と反革命がもつれ合う“煌めく闇”の19世紀ヨーロッパの姿を比類なき知性のハンガリー人の変転を通して描くハプスブルク帝国の影の世界。わが国近代歴史学に影響を与えた『サイエンス・オブ・ヒストリー』の著者の変幻自在の生涯。 【品切】フランク・ティボル西澤 龍生978-4-88202-278-7ゼルフィ・グスターヴ伝
フランク・ティボル
Frank Tibor 1948年、ブダペシュト生まれ。
エトヴェシュ・ロラーンド大学教授。
1994-2001年、英米学科長。2006年、再任。
1987-2007年、カリフォルニア大学、ネヴァダ大学、
コロンビア大学の客員教授を歴任。
2002年、アレクサンダー・フォン・フンボルト研究賞、
2005年、セント=ジェルジ・アルベルト賞を受賞。
2006年、イギリス王立歴史学協会準会員に選出される。
邦訳書に本書『ある亡命者の変身 ゼルフィ・グスターヴ伝』
(フランク・テイボル著、西澤龍生訳、彩流社、1994年)ほか。
西澤 龍生
1928年生まれ。
筑波大学名誉教授。
著書等に
『スペイン原型と喪失』(彩流社、1991年)、
『近世軍事史の震央 人民の武装と皇帝凱旋』
(編著、彩流社、1992年)、
『星の処女神とガリアのヘラクレス 
十六世紀における帝国の主題』
(フランシス・A.イエイツ著、西沢龍生・正木晃訳、
東海大学出版会、1983年) 、
『星の処女神エリザベス女王 
十六世紀における帝国の主題』
(フランシス・A.イエイツ著、西沢龍生・正木晃訳、
東海大学出版会、1982年) 、『ミューズ 舞踏と神話』
(翻訳、ワルター・F.オットー著、論創社、1998年)、
『狩猟の哲学』(翻訳、オルテガ・イ・ガセー著、
吉夏社、2001年)、『ミシュレとグリム』
(翻訳、ヴェルナー・ケーギ著、論創社、2004年)、
『ブダペストのミダース王 若きルカーチとハンガリー文壇』
(翻訳、ジュラ・ヘレンバルト著、論創社、2010年)ほか。