映像・肉体・ことば

映像・肉体・ことば

不在のまなざしの時代
近藤 耕人/著
通常価格
¥3,417
販売価格
¥3,417
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 1993/7/9

書名カナ エイゾウニクタイコトバ
判型/製本 四六/上製
ページ数 291
ISBN 978-4-88202-265-7
Cコード 0070
写真、映像、まなざし——仮想現実時代の映像と言語論。錯綜する「映像とことばの世界」は現在そのものであり、情況としての映像と言葉に迫る。バルト、ソンタグ、多木浩二、ホックニー、ルース、プルースト、ジョイス、ベケット他。  【品切】近藤 耕人978-4-88202-265-7不在のまなざしの時代
近藤 耕人
1933年、東京生まれ。1957年、東京大学英文科卒。明治大学教授。
著訳書に『ミメーシスを越えて ヨーロッパ文学における身体と言語』(近藤耕人著、水声社、2008年)、『石の中から聞こえる声』(近藤 耕人著、水声社、2007年)、『サミュエル・ベケットのヴィジョンと運動』(近藤 耕人編著、未知谷、2005年)、『写真との対話』(近藤 耕人・管 啓次郎編、スーザン・ソンタグ 他著、国書刊行会、2005年)、『ドン・キホーテの写真』(近藤 耕人著、未来社、2002年)、『ベケット大全』 (高橋 康也 著、近藤 耕人・堀 真理子・岡室 美奈子・田尻 芳樹・森 尚也・井上 善幸 編集、白水社、1999年)、『アイルランド幻想紀行』(近藤 耕人著、彩流社、1999年)、『ジェイムズ・ジョイス ユリシーズ百科事典 』(小川 美彦・近藤 耕人・山崎 勉 著、英宝社、1997年)、『目と言葉 イメジ論』(創樹社、1996年)、『映像と言語』(近藤 耕人著、紀伊國屋書店、1994年(1965年))、『映像・肉体・ことば』(本書、彩流社、1993年)、『さまよえる人たち 戯曲・三幕』(ジェイムズ・ジョイス著、近藤 耕人訳、 彩流社、1991年)、『見ることと語ること   運動の遠近法/セザンヌの色彩と構成面/フロベールのインクと文字の奥行…』(近藤耕人著、青土社、1988年)、『見える像と見えない像』 (近藤耕人著、創樹社、1982年)、『写真論』(スーザン・ソンタグ著、近藤 耕人訳、晶文社、1979年)、『沈黙の文学 ミラーとベケット』 (イーハブ・ハッサン著、井上謙治・近藤耕人訳、研究社、1973年)、『眼と言葉 映像言語と想像力』(近藤耕人著、三一書房、1971年)などがある。