ドラキュラの精神史

ドラキュラの精神史

小野 俊太郎/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2016/12/22

書名カナ ドラキュラノセイシンシ
判型/製本 四六/並製
ページ数 256
ISBN 978-4-7791-7082-9
Cコード 0398
被害者にしか見えないハーカー夫妻。ヘルシング教授や精神病院経営者のシュワード博士とは何者。なぜ小説が五月三日に始まり十一月六日で終わる。流行を取り入れるのは風俗を描くための新機軸か。境界を超える「ドラキュラ」。小野 俊太郎978-4-7791-7082-9フィギュール彩
はじめに ドラキュラは死なない

第1章 異邦のなかの異邦人

オリエントに迷い込んだ者
オリエントから迷い込んだ者
ドラキュラのオリエント化計画

第2章 戦争としての『ドラキュラ』

ドラキュラと聖戦の記憶
トランシルヴァニアとアメリカ
大英帝国を防衛する

第3章 身体という戦場

ヴァン・ヘルシングと身体の争奪戦
帝国よりも大きくゆるやかに
ルーシーとミナの結びつき

第4章 精神という戦場

ヒステリーと睡眠不足
見えない意識を探る=操る
欲望の封印と孤独の治療

第5章 ホラーとテラーの間で

外部をむさぼり食らうロンドン
アイルランドとドラキュラ
火薬とテロリズム

第6章 視覚的に増殖する

ドラキュラと暗い部屋
映画に変身するドラキュラ
孤高の伯爵から学校の友だちへ

第7章 ジャパネスク・ドラキュラ

小説の日本化の試み
横溝正史『髑髏検校』
半村良『石の血脈』
山田正紀『氷河民族/流氷民族』
小野不由美『屍鬼』
萩耿介『鹿鳴館のドラクラ』
ドラキュラの日本化

おわりに 複製されるドラキュラ
小野 俊太郎
おの・しゅんたろう
文芸評論家。
1959年、札幌生まれ。
文芸評論家、成蹊大学などでも教鞭を執る。
著書に
『ウルトラQの精神史』、『ゴジラの精神史』、
『フランケンシュタインの精神史』、
『スター・ウォーズの精神史』(彩流社)、
『モスラの精神史』(講談社現代新書)、
『大魔神の精神史』(角川oneテーマ21新書)
など多数。