習近平の政治思想形成

習近平の政治思想形成

柴田 哲雄/著
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2016/3/11 bookendアプリ起動

書名カナ シュウキンペイノセイジシソウケイセイ
判型/製本 四六/並製
ページ数 192
ISBN 978-4-7791-7052-2
Cコード 0336
独裁化を強めつつある中国の習近平国家主席。彼は、中国をいったいどこに導こうとしているのか。今後の政策理念に連なるその思想の形成を、地方政府在任時期の論文や現地語の論文・資料も読み解き、ひもとく。柴田 哲雄978-4-7791-7052-2、978-4-7791-5219-1 フィギュール彩
◆はしがき:安倍晋三と習近平
◆第1章 断章 習近平の思想形成とその周辺
毛沢東回帰の原点
父・習仲勲からの継承
「下放」体験:史鉄生の小説を手掛かりに
習近平の青年期の政治的な理想:
賈大山の小説を手掛かりに
妻・彭麗媛の肖像
◆2章 習近平の福建省在任時期における
            経済・政治思想
経済思想
政治思想
毛沢東観
◆3章 福建省在任時期における外交政策の原像と
                  対台湾政策
外交政策の原像
福建省独自の対台湾政策
習近平政権の外交政策と対台湾政策への影響
◆4章 習仲勲の民主化志向の政治改革をめぐる姿勢、
並びに その擁護の背景にある前半生の経歴
民主化志向の政治改革をめぐる姿勢
1935年9月の粛清事件
小説『劉志丹』事件の前後
◆終章 日本はどのように習近平政権と向き合うべきか
柴田 哲雄
しばた・てつお
◉愛知学院大学教養部准教授。1969年名古屋市生まれ。
中国・上海の華東師範大学法政系への留学を経て、
2001年3月京都大学大学院人間・環境学研究科
博士後期課程単位取得退学。2003年5月博士学位取得。
京都大学総合人間学部非常勤講師を経て、
2002年4月愛知学院大学教養部専任講師。
2008年2月より現職。2010年4月から2011年3月
コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。
主著:『協力・抵抗・沈黙――汪精衛南京政府の
イデオロギーに対する比較史的アプローチ』(成文堂)、
『中国民主化・民族運動の現在――海外諸団体の動向』
(集広舎)。
編著に『中国と博覧会――
中国2010年上海万国博覧会に至る道』(成文堂)。