紀行 失われたものの伝説

紀行 失われたものの伝説

立野 正裕/著
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/11/17

書名カナ キコウ ウシナワレタモノノデンセツ
判型/製本 四六/並製
ページ数 217
ISBN 978-4-7791-7021-8
Cコード 0326
ひと気のない湖畔で他界へ去った人を想う。聖地とは信仰の場所のことだけではなく、心のなかで特別な意味を与えられた場所のことでもある。聖なるものを経験することとは何か。二十世紀の「記憶」を旅する。立野 正裕978-4-7791-7021-8フィギュール彩
(1章)ノルマンディへの旅
 —キース・ダグラスの詩をを探して
(2章)イタリア南部への旅
 —カルロ・レーヴィの流刑地を行く
(3章)ウクライナへの旅
 —ウラジミール・スヴェトロフの詩をを探して
(4章)トルコへの旅
 —ナーズム・ヒクメットとパルチザンの少女
(5章)知覧への旅
 —特攻から七十年
(6章)ドイツ南部への旅
 —強制収容所と戦時爆撃
立野 正裕
Tateno Masahiro
明治大学文学部教授。1947 年福岡県生まれ。
岩手県立遠野高校卒業後、明治大学文学部入学。
明治大学大学院文学研究科修士課程修了。
英米文学と西洋文化史を研究。
「道の精神史」を構想し、ヨーロッパへの旅を重ねる。
主な著書に『精神のたたかい—非暴力主義の思想と文学』
(スペース伽耶)、『黄金の枝を求めて—ヨーロッパ思索の旅』
(スペース伽耶)、『世界文学の扉をひらく』(スペース伽耶)、
『日本文学の扉をひらく』(スペース伽耶)等がある。