快読『赤毛のアン』

快読『赤毛のアン』

菱田 信彦/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2014/5/15

書名カナ カイドクアカゲノアン
判型/製本 四六/並製
ページ数 216
ISBN 978-4-7791-7015-7
Cコード 0398
こんなアン、見たことない! 不朽の名作だけれど、意外と知らない原作の面白さや深さを、児童文学専門の著者が、章ごとに歴史的背景や会話の一つ一つを徹底快読! 翻訳者の村岡花子の翻訳も分析しています!【重版出来】菱田 信彦978-4-7791-7015-7フィギュール彩
まえがき=『赤毛のアン』が出た1908年は、カナダにとってどんな年だったか
PART1=『赤毛のアン』を章ごとに徹底快読!
PART2=アンを取り巻く社会
    Ⅰ 『赤毛のアン』とジェンダー
    Ⅱ 『赤毛のアン』の階級とエスニシティ
    Ⅲ 海外伝道と『赤毛のアン』
    Ⅳ 日本の「アン」
PART3=『赤毛のアン』を訳した女性たち
あとがき=モードとアンと花子、そしてマリラ
菱田 信彦
Nobuhiko Hishida
川村学園女子大学教授。
1963 年、名古屋生まれ。筑波大学大学院博士課程単位取得退学。専門分野は英米の小説、とくに児童文学。
「ハリー・ポッターとイギリス階級社会」、「Talking Beasts のジレンマ――〈ナルニア国ものがたり〉について」、「ダイアナ・W・ジョーンズ『ハウルの動く城』におけるウェールズ表象と階級意識」など、児童文学作品における階級や帝国の表象について研究を進めている。訳書にブライアン・アトベリー『ファンタジー文学入門』(大修館、共訳)がある。