ルポ 精神医療につながれる子どもたち

ルポ 精神医療につながれる子どもたち

嶋田 和子/著
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2013/11/20

書名カナ ルポ セイシンイリョウニツナガレルコドモタチ
判型/製本 四六/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-7791-7007-2
Cコード 0336
多くの十代の子どもたちが、きわめてあいまいで安易な診断により、精神医療に誘導され、重篤な薬害が出ている。劇薬である精神薬を、まだ病気を発症していない若者に、予防と称して投与し続ける〈精神科の早期介入〉の現実を丹念なルポで伝える。話題沸騰増刷出来!嶋田 和子978-4-7791-7007-2フィギュール彩
第一章 こんなことが実際に起きている
 不登校から精神科へ―智美さんのケース
 診断の曖昧さ
 不登校と精神医療
 国によって若者への精神科早期介入が進められようとしている
 
第二章 知っていますか? 精神医療の実態
 精神科を受診するとこんな治療を受けることになる
 精神科医の「実力」
 精神医療の特殊性
 
第三章 子どもと精神医療の危ない関係
 子どもへの向精神薬投与の実態
 発達障害という概念
 広汎性発達障害を統合失調症と誤診された渡辺孝一君のケース
 医原病・薬原病
 
第四章 精神科早期介入という暴挙
 そもそも早期介入って何?
 日本の早期介入はたいへんなことになっている
 学校を舞台に行われた早期介入実験
嶋田 和子
Kazuko Shimada 1958年生まれ、早稲田大学卒業。
1986~87、国立療養所多磨全生園職員。87~フリーライター。
2009年、知人の子どもが精神医療の被害に遭ったことで、
このテーマとの関わりにふれる。
2010年6月にブログ「精神医療の真実」を立ち上げ体験談を募り、
3年間で100人以上の被害者を取材。ブログを通して関わった人は
300人を超える。現在も日々、体験者の話に耳を傾け、相談にのっている。
主著『私たちが、生きること』(ありのまま舎編、新潮社)
『大きな森の小さな「物語」ハンセン病だった人たちとの十八年』(文芸社)。
『精神医療の現実  処方薬依存からの再生の物語』(萬書房)。