落語の見方・聞き方

落語の見方・聞き方

こどもくらぶ/編著
通常価格
¥2,970
販売価格
¥2,970
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/12/16

書名カナ ラクゴノミカタキキカタ
判型/製本 A4/上製
ページ数 32
ISBN 978-4-7791-5005-0
Cコード 8376
演じているときの手の位置に注目!手のおき方で、男女や年齢のちがう人物を演じわけているよ…あの国民的テレビ番組『笑点』のレギュラー出演者、林家木久扇師匠が分かりやすく解説!総ルビ、オールカラー!シリーズ第二弾!こどもくらぶ978-4-7791-5005-0児童書林家木久扇のみんなが元気になる学校寄席入門
パート1
落語を聞きにいこう!
1寄席ってどんなところ?
2寄席のなかはどうなっている?
3寄席ではなにが見られるの?
4寄席に伝わる縁起かつぎ
パート2
落語の背景を知っておこう!
1落語の舞台は江戸のまち
2「江戸っ子」とは?
3「長屋」ってどんなところ?
4長屋に出入りする人びと
パート3
個性豊かな登場人物たち
1庶民の代表
2天然ボケ・こまった人たち
3しっかり者で物知り
● 感情・動作の表現
● 落語まめじてん
● さくいん
こどもくらぶ
あそび・教育・福祉分野で、子どもに関する書籍を企画・編集しているエヌ・アンド・エス企画編集室の愛称。図書館用書籍として、毎年10 ~ 20 シリーズを企画・編集している。これまでの作品は1000 タイトルを超す。
ポプラ社、小峰書店、岩崎書店といった児童書出版社や、主婦の友社など大手出版社の企画、編集、翻訳、DTP制作もおこなう編プロに加え、版元としても、「ボランティア基礎のキソ」シリーズ、「大人と子どものあそびの教科書」シリーズ、「考える絵本」シリーズなどを刊行、どれも、わかりやすく役に立つ良書と評判。