連合赤軍の時代

連合赤軍の時代

三木武司/著
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2021/10/20

書名カナ レンゴウセキグンノジダイ
判型/製本 四六/並製
ページ数 360
ISBN 978-4-7791-2778-6
Cコード 0021

あれから50 年…「連合赤軍事件」に関する多面的検証を試みた1冊

1971 年から72 年にかけて全国にその名を轟かせた「連合赤軍」。

本書は、連合赤軍が引き起こした一連の事件および「連合赤軍事件」が勃発するに至った当時の時代背景を踏まえ、事件の真相を明らかにしようと試みたものである。

事実のみをベースに検証・考察。そのために、当事者への取材をできる限り行い、当事者が書いた文献を丹念に読んだ。立場が違えば考え方・関わり方が違う。それぞれの立場からの多角的多面的な視点を導入し事件の検証を試みた。

三木、三木武司、あさま山荘、永田洋子、連赤、森恒夫、植垣康博
(1)「この顔にピンときたら110 番!」
(2)発端
(3)連合赤軍前史
(4)連合赤軍の時代
(5)連合赤軍の成立から「自滅」
(6)あさま山荘の内と外
(7)あさま山荘事件後
(8)首謀者森恒夫とは
(9)サブリーダ? 永田洋子の人間像
(10)連合赤軍に参加しなかった面々
(11)連合赤軍メンバー27 名の身上調書
(12)革命と性
(13)私的考察的結論
三木武司
(みき たけし)
1958(昭和33)年10 月、香川県高松市生まれ。
九州大学(理学部生物学科)卒業。福岡、香川県立高校で教諭として勤務。
2019 年3 月定年退職。著述業として現在に至る。
高松市在住。趣味は昆虫採集。地元の昆虫同好会である瀬戸内むしの会の会長を務めている。