夕霧花園(仮)

夕霧花園(仮)

タン・トゥアンエン/著 、 宮崎 一郎/訳
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2022/2/10

書名カナ ユウギリカエン
判型/製本 四六/上製
ページ数 498
ISBN 978-4-7791-2764-9
Cコード 0097

第二次世界大戦中の日本とマレーシアの歴史(日本のマレーシア侵略と占領)とともに描かれるラブストーリー。
2020年、主要キャストの1人は阿部寛 台湾の映画監督トム・リンにより映画化。日本では2021年7月24日公開予定!

【※近刊(刊行日、タイトル、販売価格等が変更になる可能性がございます)】

タン・トゥアンエン、TanTwanEng、宮崎一郎、リー・シンジエ、李心潔、アンジェリカ・リー、林書宇、リチャード・スミス、マン・アジア文学賞、ウォルター・スコット賞、ブッカー賞候補
タン・トゥアンエン
(Tan Twan Eng)
マレーシアの作家。
『夕霧花園(仮)』(『The Garden of Evening Mists』)がブッカー賞の最終候補、現代アジア文学で最も優れた小説に贈られるマン・アジア文学賞、歴史小説を対象としたウォルター・スコット賞を受賞。
宮崎 一郎
(みやざき・いちろう)
新潟薬科大学非常勤講師。
訳書に、ピーター・マーティン『パース わたしの愛した犬』(共訳、バベル・プレス、2005)、ピン・ヤータイ『息子よ、生き延びよ カンボジア・悲劇の証人』(連合出版、2009)等。