Glimpses of a Unique Jewish Culture From a Japanese Perspective

Glimpses of a Unique Jewish Culture From a Japanese Perspective

Essays on Yiddish Language and Literature
Yoshiji Hirose/著
通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2021/3/25

判型/製本 A5/上製
ページ数 184
ISBN 978-4-7791-2745-8
Cコード 0098

Yoshiji Hirose(広瀬佳司)/著 「ユダヤ世界」や「ユダヤ人」といっても日本人にはピンとこない。戦前の東欧・ロシア社会の多くのユダヤ人が日常言語として用いたイディッシュ語に40年ほど前に出会った著者は、ユダヤ学を学ぶにつれ、日本文化とユダヤ文化の類似性を看破した。本書は、ホロコーストの問題やユダヤ教、杉原千畝、小辻節三のようなユダヤ難民救助者の歴史、それにエリ・ヴィーゼルやシンガー文学論、米国作家マイケル・シェイボンと英国作家ハワード・ジェイコブソンの比較論、そしてユダヤ人のユーモア論といった幅広いテーマをまとめたものである。

※全篇英文

ユダヤ文化、ISBN:978-4-7791-2745-8

Chapter One
Setsuzo Kotsuzi: Japanese Rescuer of Jewish Refugees

Chapter Two
Elie Wiesel: The Sonderberg Case

Chapter Three
The Contrast in the Reception of Isaac Singer

Chapter Four
Isaac Bashevis Singer and Chaim Grade

Chapter Five
The Singer Brothers & Cynthia Ozick

Chapter Six
The “Moses Complex” in Isaac Singer

Chapter Seven
Howard Jacobson’s Roots Schmoots

Chapter Eight
Howard Jacobson’s “J ”

Chapter Nine
Michael Chabon and Howard Jacobson

Chapter Ten
How to Translate Yiddish Humor into Japanese and
Not Lose your Punchline
関連書
Yoshiji Hirose
ひろせ・よしじ(広瀬佳司)
栃木県生まれ。ノートルダム清心女子大学教授(文学博士)。
1991年、「『雪片曲線』への冒険」で第25回・関西文学賞受賞。
1998年、第一回日本マラマッド協会賞学術部門受賞。
著書に
『アウトサイダーを求めて I・B・シンガーの世界』
(旺史社、1991年)、
『ユダヤ文学の巨匠たち シュレミールの批評精神』
(関西書院、1993年)、
『The symbolic meaning of Yiddish
 ―A study of the brotherss』(大阪教育図書、2002年)、
『Shadows of Yiddish on modern Jewish Amer
 ―Isaac Bashevis Singer,Hen』(大阪教育図書、2005年)、
『Yiddish Tradition and Innovation in
 Modern Jewish American Writers』(大阪教育図書、2011年)、
『ユダヤ世界に魅せられて』
(彩流社、2015年、「増補版」2019年、「増補新版」2020年)など、