徹底解読『ねじ式』(仮)

徹底解読『ねじ式』(仮)

矢崎 秀行/著
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2021/3/5

書名カナ テッテイカイドクネジシキ
判型/製本 四六/並製
ページ数 200
ISBN 978-4-7791-2681-9
Cコード 0095

戦争の悲惨、高度成長、崩れ去る日本の原風景……。 つげ義春の漫画に潜む「知里幸恵から連なる日本人の死生観」の観点から『ねじ式』のヒミツを解読する。

【※未完(刊行日、タイトル、価格等が変更になる可能性がございます)】矢崎 秀行978-4-7791-2681-9

矢崎 秀行
やざき・ひでゆき
1956年、甲府市生まれ。山梨県立甲府一高卒業。
早稲田大学政経学部経済学科を中退し、
東京の私塾「寺小屋教室」で日本思想史を学ぶ。
早大政治学科に再入学し卒業。讀賣新聞東京本社入社、新聞記者。
文化事業部で展覧会プロデューサーを経て、
現在、公立美術館のネットワーク組織・美術館連絡協議会事務局に勤務。
夜の写真学校26期生。写真家・瀬戸正人氏に師事。
主な著書に『つげ義春「ねじ式」のヒミツ』(響文社、2018年)がある。