グアンタナモ

グアンタナモ

アメリカ・キューバ関係にささった棘
渡邉 優/著
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2020/3/10 bookendアプリ起動

書名カナ グアンタナモ
判型/製本 四六/並製
ページ数 257
ISBN 978-4-7791-2655-0
Cコード 0022
1962年の「キューバ危機」しかり、米国とキューバの関係は世界安全の要石といえる。グアンタナモ海軍基地をめぐるアメリカ合衆国とキューバ共和国の関係を、著者(元キューバ日本大使)が3年余にわたり調査した渾身の書。渡邉 優978-4-7791-2655-0、978-4-7791-5188-0 アメリカ・キューバ関係にささった棘
序章 グアンタナモの地理と地誌
1章 グアンタナモとアメリカ・キューバ関係史
   [キューバ革命以前]
2章 グアンタナモとアメリカ・キューバ関係史
   [キューバ革命以後]
3章 グアンタナモ返還を求めるキューバの立場
   [国際政治の場における議論]
4章 グアンタナモ返還を求めるキューバの立場
   [国際法的観点からの考察]
5章 グアンタナモ収容所
6章 アメリカにとってのグアンタナモとグアンタナモの将来
渡邉 優
WATANABE MASARU.
わたなべ・まさる
1956年、東京都生まれ。
防衛大学校教授。元駐キューバ日本国大使。
1980年、東京大学法学部卒業、同年外務省入省。
欧州局審議官、中南米局審議官、経済局審議官、
中東アフリカ局審議官を歴任。
海外ではブラジリア、スペイン、ジュネーブ政府代表部、
フィリピン、アルゼンチン、リオデジャネイロに勤務。
サラマンカ大学( スペイン) はじめ各国の大学や研究機関で、
日本の外交、経済、文化について講義、講演活動を行っている。
著書に
『知られざるキューバ  外交官が見たキューバのリアル』
(渡邉 優 著、ベレ出版、2018年)、
『ジョークで楽しく学ぶスペイン語  CD BOOK』
(渡邉優 著、ベレ出版、2017年)がある。