アナーキストの銀行家

アナーキストの銀行家

フェルナンド・ペソア短編集
フェルナンド・ペソア/著 、 近藤 紀子/訳
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2019/6/18

書名カナ アナーキストノギンコウカ
判型/製本 四六/上製
ページ数 183
ISBN 978-4-7791-2599-7
Cコード 0097
ポルトガルの詩人ペソア 幻の小説がついに刊行!ポルトガルだけでなく、今や世界的詩人として高い評価を受け、タブッキ、ヴェンダースら絶賛の詩人 フェルナンド・ペソアの数少ない貴重な短編を編んだ本邦初訳の作品集!フェルナンド・ペソア近藤 紀子978-4-7791-2599-7フェルナンド・ペソア短編集
〈収録作品〉

トランクを開けて(訳者まえがき)

独創的な晩餐

忘却の街道

たいしたポルトガル人

夫たち

手紙



アナーキストの銀行家
フェルナンド・ペソア
Fernando António Nogueira Pessoa.
20世紀ポルトガルを代表する詩人。
「異名」(heterónimo) という自らにあらざる人格を
多数つくりあげ、彼らを作者として創作するという
独自のスタイルで知られる。
1888年、リスボン生、
1935年、同地で没。
南アフリカ領事の義父にしたがい少年期を南アフリカの
ダーバンで過ごし、その地で英語による教育を受ける。
帰国後、大学に籍をおくが短期間で脱退。
生前その名が一般に広く知られることはなかった。
死後、トランク一杯の未発表草稿が発見される。
翻訳作品に
『不安の書』(高橋都彦訳、新思索社、2007年、
 増補版、彩流社、2019年)、
『ペソアと歩くリスボン』(近藤紀子訳、彩流社、1999年)、
『新編 不穏の書、断章 平凡社ライブラリー』
(フェルナンド・ペソア著、澤田直訳、平凡社、
2013年(思潮社版増補改訂版))、
『不穏の書、断章』(澤田直編訳、思潮社、2000年)、
「アルヴァロ・デ・カンポス:フェルナンド・ペソア
「長篇詩 海のオード」(渡辺一史訳、
【特集】フェルナンド・ペソアの海)
(所収『現代詩手帖 2015.7』、思潮社、2015年)、
「F・ペソア/藤田瑞都訳 『船乗り(1)/エピグラム』」
(所収『ゆめみるけんり vol.1 Kindle』、
ゆめみるけんり、2017年)、
「F・ペソア/藤田瑞都訳 『船乗り――一幕の静劇(完)』」
(所収『ゆめみるけんり vol.2 Kindle』、
ゆめみるけんり、2017年)、
「フェルナンド・ペソア/藤田瑞都・順訳
『アナーキスト・バンカー(上)』」
(所収『ゆめみるけんり vol.3 Kindle』、
ゆめみるけんり、2018年)、
『ペソア詩集 海外詩文庫 16』
(ペソア著、澤田直編訳、思潮社、2008年)、
「だれでもない人々(菅啓次郎選・訳)」
(所収『世界文学のフロンティア 5 私の謎』、
今福龍太 他編、岩波書店、1997年)、
『ポルトガルの海 増補版』
(池上岑夫編訳、彩流社、1997年)などがある。
関連書に
『リカルド・レイスの死の年』
(ジョゼ・サラマーゴ著、岡村多希子訳、彩流社、2002年)、
『フェルナンド・ペソア最後の三日間』
(アントニオ・タブッキ著、和田忠彦訳、青土社、1997年)、
『レクイエム』(アントニオ・タブッキ 著、鈴木昭裕訳、
白水社(白水社Uブックス)、1999年)、
『現代詩手帖・特集フェルナンド・ペソア』
(思潮社、1996年6月)ほかがある。

近藤 紀子
1969年生まれ。
早稲田大学第一文学部1文学科日本文学専修卒。
カモンイス奨学金を得1998年、2000年と
ポルトガル留学、ポルトガルのコインブラとブラガに学ぶ。
訳書に
フェルナンド・ペソア『ペソアと歩くリスボン』
(彩流社、1999年)、
V.P.ドス・サントス『アマリア・ロドリゲス
―語る「このおかしな人生」』(彩流社、2003年)、
ルイ・ズィンク『待ちながら』(而立書房、2006年)、
ジョゼ・サラマーゴ『ちっちゃな回想録』
(彩流社、2013年)などがある。