越境する音楽家たちの対話

越境する音楽家たちの対話

ワールドミュージックとは何だったのか?
関口 義人/著
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2019/7/3

書名カナ エッキョウスルオンガクカタチノタイワ
判型/製本 四六/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-7791-2582-9
Cコード 0073
アフリカ、カリブ、中南米、アイルランド、スペイン、バルカン・東欧のジプシー、インド、トルコ、アラブ、ユダヤの音楽…ワールドミュージックを学ぶ音楽講座「音楽夜噺」主催者が音楽家達との越境的対話でWMの本質に切込む関口 義人978-4-7791-2582-9ワールドミュージックとは何だったのか?
関口 義人
せきぐち・よしと
音楽評論家、ロマ研究家。
桜美林大学総合芸術学群講師、首都大学講師。
幼少時代からピアノ、バイオリンを学び、
中学校時代にバンド活動を開始。
高校では一気にジャズに溺れ、
19歳からアメリカに音楽留学。
27歳まで音楽活動で暮らす。
1997年から会社員としてヨーロッパでの駐在勤務。
20年を経て帰国後、2005~2015年まで、
音楽夜噺 http://www.ongakuyobanashi.jp/ を主催した。
著書等に、
『ロマ・素描  ジプシー・ミュージックの現場から』
(関口義人 著、東京書籍、2003年)、
『バルカン音楽ガイド』
(関口義人 著、青弓社、2003年)、
『ブラスの快楽  世界の管楽器CDガイド600』
(関口義人 著、音楽之友社、2005年)、
『ジプシー・ミュージックの真実  
ロマ・フィールド・レポート』
(関口義人 著、青土社、2005年)、
『アラブ・ミュージック  その深遠なる魅力に迫る』
(関口義人 編、東京堂出版、2008年)、
『オリエンタル・ジプシー』
(関口義人 著、青土社、2008年)、
『ジプシーを訪ねて  岩波新書』
(関口義人 著、岩波書店、2011年)、
『ベリーダンスの官能  ダンサー33人の軌跡と証言』
(関口義人 著、青土社、2012年)、
『図説 ジプシー  ふくろうの本』
(関口義人 著、河出書房新社、2012年)、
『ヒップホップ!  黒い断層と21世紀』
(関口義人 著、青弓社、2013年)、
『ベリーダンス  伝統と革新のあいだで』
(関口義人 著、彩流社、2015年)、
『ユダヤ・リテラシーの視界  
アブラハムはディズニーランドの夢を見たか』
(関口義人 著、現代書館、2015年)、
『トルコ音楽の700年 
オスマン帝国からイスタンブールの21世紀へ』
(関口義人 著、DU BOOKS、2016年)等がある。