大地の時間

大地の時間

アメリカの国立公園、わが心の地形図
テリー・テンペスト・ウィリアムス/著 、 伊藤 詔子/訳 、 岩政 伸治/訳 他
通常価格
¥4,180
販売価格
¥4,180
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2019/1/28

書名カナ ダイチノジカン
判型/製本 A5/並製
ページ数 408
ISBN 978-4-7791-2546-1
Cコード 0022
国立公園は人類と「野生」が交錯する場。自然破壊が進みアメリカの国立公園が着実に消えているいま、厳正に選ばれたアメリカ各地にある12の公園から、遍在する壮大なイメージを見出し、国立公園がもつその意義を問い直す。テリー・テンペスト・ウィリアムス伊藤 詔子岩政 伸治佐藤 光重978-4-7791-2546-1アメリカの国立公園、わが心の地形図
国立公園の領域を地図化する


第一部  国立公園のはじまりを風に聴く


 1 アメリカの国立公園――その定義

 2 ワイオミング州グランド・ティートン国立公園
――約束を守る

 3 ノースダコタ州セオドア・ルーズベルト国立公園
――すべては風が知っている

 4 メイン州アーカディア国立公園
――岩石、鋼、銀河


第ニ部  国立公園の衰退と風の教え


 5 ペンシルヴェニア州ゲティスバーグ国立軍事公園
――勝ち負けはない

 6 アイオワ州エフィジー・マウンズ・ナショナル・
モニュメント――死を受け入れる、ただし集いとして

 7 テキサス州ビッグ・ベンド国立公園
――かの風に問えば答えてくれる

 8 アラスカ州ゲーツ・オブ・ジ・アークティック
国立公園――空間にはプライヴェートなものは何もない

 9 フロリダ州とミシシッピー州
ガルフアイランズ国立海岸公園
――これ以上他者へどうすればよいのだ、他者たることへ


第三部  国立公園の未来と風の行方


 10 ユタ州キャニオンランズ国立公園
――われらは見知らぬ風に乗る、と風がいう

 11 カリフォルニア州アルカトラズ島、
金門橋国立保養地
――身体は跡形もなく消え去り、売買が成立した

 12 モンタナ州グレーシャー国立公園
――あらゆる証人に成り替わり、代理人となり、
消滅させるこれらのことはあまりにも行き過ぎである

 13 カリフォルニア州セザール・E・チャヴェス
国定記念物と未来
――続けよう、と私は心に思う
―それで終わりにはなるまい―まだだ


著者について

アメリカの国立公園一覧表

訳者あとがき
テリー・テンペスト・ウィリアムス
Terry Tempest Williams (1955-)
米ユタ州出身のアメリカを代表する
ネイチャーライターにして、
エコフェミニスト、環境アクティヴィスト。
ユタ州立大学修士、名誉博士。
名作『鳥と砂漠と湖と』(Refuge、1991)で
一躍世界で認められ、世界各地での講演も多数。
『リープ』(Leap)、
『女性が鳥だったころ』(When Women Were Birds)、
『赤い大地』(Red) 等、17の作品で知られる。
最近は
『民主主義への開かれた扉』(The Open Space of Democracy)等、
政治的著作でも知られ、
シエラクラブ・ジョン・ミューア賞、西部文学賞等受賞も多い。

伊藤 詔子
いとう しょうこ
広島大学名誉教授、環境文学とエコクリティシズム、
アメリカンルネッサンス研究者。
著書
『よみがえるソロー』(柏書房、1998年)、
『アルンハイムへの道』(桐原書店、1986)、
『ディズマルスワンプのアメリカンルネサンス』
(音羽書房鶴見書店、2017)、
『エコトピアと環境正義の文学 日米より展望する
広島からユッカマウンテンへ』
(監修、編著、晃洋書房、2009)、
『はじめてのソロー 森に息づくメッセージ
NHKカルチャーラジオ 文学の世界』(NHK出版、2016)
など多数。
日本ソロー学会顧問、ASLE、国際ポー学会名誉会員、
日本ポー学会副会長、エコクリティシズム研究学会代表。