追憶の日米野球 Ⅱ

追憶の日米野球 Ⅱ

「大日本東京野球倶楽部」誕生
中西 満貴典/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2018/11/9

書名カナ ツイオクノニチベイヤキュウ ニ
判型/製本 四六/並製
ページ数 260
ISBN 978-4-7791-2537-9
Cコード 0075
第2回日米野球(昭和9年)は、野球の神様ベーブ・ルースの来日という悲願を実現。しかし「親善野球」と銘打つも数年で日米開戦。戦前の日米野球を取りまく背景(満州の戦況記事等)と野球を交錯させ時代背景を知る研究書。中西 満貴典978-4-7791-2537-9「大日本東京野球倶楽部」誕生
第1章 日米野球(昭和6年)を終えて

第2章 日米両チームの編成

第3章 全米オールスターチーム帝都で大歓迎

第4章 日米野球(第1戦~8戦)

第5章 日米野球(第9戦~18戦)

第6章 職業野球団の誕生
中西 満貴典
なかにし・みきのり
1953年愛知県生まれ。名古屋大学工学部卒業。
名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。
博士(学術)。(株) 富士電機製造を経て、
愛知教育大学附属高等学校、
愛知県立岡崎高等学校などで教鞭を執る。
著書等に
『追憶の日米野球  日本プロ野球誕生前夜』
(彩流社、2017年)、
『「国際英語」ディスクールの編成』
(単著、中部日本教育文化会、2002年)、
『よくわかるコミュニケーション学』
(分担執筆、ミネルヴァ書房、2011年)、
『現代日本のコミュニケーション研究 
 日本コミュニケーション学の足跡と展望』
(分担執筆、三修社、2011年)他がある。
現在、岐阜市立女子短期大学英語英文学科教授。
専門はレトリック批評、記号論。