日大闘争と全共闘運動

日大闘争と全共闘運動

日大闘争公開座談会の記録
三橋 俊明/編著
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2018/6/7

書名カナ ニチダイトウソウトゼンキョウトウウンドウ
判型/製本 四六/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-7791-2477-8
Cコード 0030
2017年に国立歴史民俗博物館で開催された「企画展示「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」に多数の日大闘争関連資料を寄贈した「日大闘争を記録する会」と日大全共闘議長・秋田明大氏をはじめとする闘争参加者が語り合った記録。三橋 俊明978-4-7791-2477-8日大闘争公開座談会の記録
もくじ(抜粋)

第一章 日大闘争を書く・語る・記録する

第二章 日大全共闘って、なんて不思議な集団なんだろう
    ―日大全共闘副議長・矢崎薫氏との対話

第三章 僕の、始まりのとき
        「いつの間にか芸闘委委員長になっていた」
    ―藝術学部闘争委員会委員長・真武善行氏との対話

第四章 赤ヘル農闘委が生まれた三つの秘話
    ―農獣医学部闘争委員会議長・三浦信義氏との対話

第五章「日大全共闘情報局」という活動

第六章 1968年を想起する・語る・考える
    ―日大闘争は他大学の
          全共闘からどのように見られていたか

第七章 全共闘は、みんな自分で決めていた
    ―日大全共闘議長・秋田明大氏との対話
三橋 俊明
みはし・としあき
1947年、神田の生まれ。
1968年、日大闘争に参加し全共闘に成る。
1973年、田村正敏 日大全共闘書記長と無尽出版会を
設立し『無尽』刊行。
『週刊ピーナツ』事務局、アジア・アフリカ作家会議
を経て、日大闘争を記録する会の仲間と
『日大闘争の記録―忘れざる日々』を刊行中。
著書
『路上の全共闘1968 河出ブックス』
(河出書房新社、2010年)、
『細民窟と博覧会 近代性の系譜学』
(榎並 重行と共著、JICC出版局、1989年)、
『「新しさ」の博物誌 近代性の系譜学』
(榎並 重行と共著、JICC出版局、1988年)、
『流行通行止め――現代思想メッタ打ち!』
(榎並 重行と共著、JICC出版局、1987年)ほか。