一句頂一万句

一句頂一万句

劉 震雲/著 、 水野 衛子/訳
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2017/8/25

書名カナ イックチョウイチマンク
判型/製本 四六/上製
ページ数 583
ISBN 978-4-7791-2381-8
Cコード 0097
『一句頂一万句』は一万句に相当する一句、つまりは「一言の重み」という意。中国で最も権威ある文学賞の茅盾文学賞受賞。「出延津記」「回延津記」前後篇で七十年のときを隔てて描かれたドラマは映画にもなった人気作品だ。劉 震雲水野 衛子978-4-7791-2381-8
劉 震雲
りゅう・しんうん
1958年、中国河南省延津県生まれ。
1973年から1978年まで人民解放軍兵士、
1978年、北京大学中国文学科入学、
1982年、同大学卒業後「農民日報」勤務、
1987年、この年発表の『塔鋪』で注目される。
2003年、『手機』が映画化される。
2010年、『我叫劉躍進』が映画化される。
2011年、『一句頂一万句』で第八回茅盾文学賞受賞。
2012年、『温故一九四二』が映画化される。
邦訳は本作の他に
『ケータイ」(桜美林大学北東アジア研究所)、
『温故一九四二』(中国書店)、
『盗みは人のためならず』『わたしは潘金蓮じゃない』
(ともに彩流社)がある。
水野 衛子
みずの・えいこ
1958年、東京都生まれ。
1981年、慶應義塾大学文学部文学科中国文学専攻卆。
訳書に『中国大女優 恋の自白録』(文藝春秋社)、
『中華電影的中国語 さらば、わが愛 覇王別姫』
(キネマ旬報社)、『ジャスミンの花開く』
(日本スカイウェイ)、『セデック・バレ』(河出書房新社)、
『盗みは人のためならず』(我叫劉躍進)、
『わたしは潘金蓮じゃない』(ともに彩流社)がある。