カナダ事件簿

カナダ事件簿

ウィルソン夏子/著
通常価格
¥2,640
販売価格
¥2,640
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2017/3/17

書名カナ カナダジケンボ
判型/製本 四六/並製
ページ数 227
ISBN 978-4-7791-2285-9
Cコード 0022
女性殺人犯が刑務所で学位を取得。『赤毛のアン』の作者の自死。米国で冤罪のボクサーを救ったカナダ人とは。好奇心から開かれたカナダで起きた事件の扉。日本語新聞「日加タイムス」の記事を元に書かれたノンフィクション。ウィルソン夏子978-4-7791-2285-9
【主な目次】
I アーティスト(作家、音楽家、画家)
 1 ルーシー・モード・モンゴメリー
   ——『赤毛のアン』の作者の自死——
 2 グレン・グールド
   ——彼の母親は誰だったのか—
 3 アリス・マンロー
   ——失った新生児の面影——
 4 トム・トムソン(画家)
   ——湖に死体——
II 事件
 5 神父惨殺事件(1649)
   ——先住民の戦いに巻き込まれ——
 6 ドネリー・一家虐殺事件
   ——村人たちの敵意——
 7 十二使徒教団の盛衰(1925~1930) 
   ——いかさま予言者——
 8 カナダで最初の誘拐事件(1934)
   ——ビール会社社長の災難——
 9 ハリー・オークス卿惨殺事件(1943)
   ——フェルメール『手紙を書く女』の所有者——
 10 十月危機(1970)
   ——ケベック解放戦線FLQ による事件——
 11 カナダで最初に成功した航空機ハイジャック(1971) 
   ——キューバに行け!——
 12 ボクサー・ハリケーン・カーターの闘う人生(1985)
   ——犯人に仕立てられた——
 13 刑務所で学位習得(1990)
   ——夫と共に少女たちを殺害したあと——
 14 わが町で起こりえたテロの惨事(2016)
   ——爆破計画を未然に防いだ連邦警察——
ウィルソン夏子
Natsuko Wilson
名古屋市生まれ。
東京芸術大学音楽教育修士、ウェスタン大学(カナダ)
音楽学部修士号を得て、室内楽ピアノ奏者となる。
文学系の夫との出会いを機縁に、文筆業にはいる。
GUSTS(カナダ短歌) のメンバーであり、
Atlas Poetica(USA) の寄稿者である。
現在、マサチューセッツ州ケープーコッドで夏を過ごし、
夫とカナダに暮らす。
著書:
『メアリー・マッカーシー—わが義母の思い出』
(未来社、1996)、
『ガートルード・スタイン—20世紀文学の母』
(未来社、2001)、『ナイアガラものがたり』
(彩流社、2003)『キューバ紀行
南の島の「社会主義観光国」を歩く 』(彩流社、2006).