タイ 謎解き町めぐり

タイ 謎解き町めぐり

華人廟から都市の出自を知る
桑野 淳一/著
通常価格
¥2,420
販売価格
¥2,420
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2017/1/12

書名カナ タイ ナゾトキマチメグリ
判型/製本 A5/並製
ページ数 235
ISBN 978-4-7791-2267-5
Cコード 0026
一度も行ったことがないタイの地方都市にバスで降りる…するとタイの都市を造った華人の思いがつまる華人廟の解読を通し諸都市のなりたちや発展の構造が見えてくる。謎解きのかたちで町を案内し、おもしろく都市構造を解説!桑野 淳一978-4-7791-2267-5華人廟から都市の出自を知る
もくじ

第一章 タイの都市には、なぜ華人廟があるのか

第二章 海南郷党――大いなる開拓者

第三章 潮州郷党――タイ最大の華僑集団

第四章 福建郷党――雄飛する華人揺籃の地

第五章 客家郷党――由緒正しき漢民族の後裔

第六章 広東郷党――機械技術に強い誇りある集団

第七章 その他郷党――少数ながら光る存在意義
桑野 淳一
くわの・じゅんいち
1951年、新潟県生まれ。
青山学院大学地球社会共生学部教授。
現在はタイ王国のタマサート大学客員教授としてタイに駐在し、
同大学にある青山学院大学タイオフィスの所長を兼ねる。
文化人類学的なアプローチからタイの町歩きをし、
各都市の華人廟からその町の出自を謎解く。
学生時代より海外を歩き、
町の細部からその国を紹介する本を多数刊行している。
主著『中国、景教の故地を歩く』、
『熊野灘もう一つの古道』、『越後 毒消し売りの女たち』、
『仏都バンコクを歩く』、『韓国古寺紀行』ほか
(以上、彩流社)、『タイの古寺を歩く』、
『タイ駐在のタイ入門』(連合出版)など。