沖縄!

沖縄!

ウチナンチューはいつから日本人になったのか
林 順治/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2016/9/26

書名カナ オキナワ
判型/製本 四六/上製
ページ数 213
ISBN 978-4-7791-2264-4
Cコード 0021
沖縄の起源と歴史を問う本! 沖縄の起源から琉球王朝の成立、薩摩藩来襲からぺリー来航、明治維新=琉球処分、そして辺野古の海へ。古代に沖縄の差別の源流はを求め、現代に誇り高き沖縄人の戦争と平和の“オモロ”を学ぶ。林 順治978-4-7791-2264-4ウチナンチューはいつから日本人になったのか
まえがき

序 章 柳田国男と伊波普猷
――名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実一つ

第一章 アマミヤから沖縄まで
――あまみの世から今の沖縄まで岳とは思わず……

第二章 首里城と『おもろさうし』
――鳴り響く霊力豊かなお方が首里杜グスク(城)に

第三章 ペリー来航と沖縄
――力の行使は慎重でなければならない。
しかし開国は“強さ”をもってなすべきだ

第四章 西郷隆盛と薩摩藩
――大きくたたけば大きく鳴り、
小さくたたけば小さく鳴る。
馬鹿と言えばこれほど馬鹿はなく、
利口といえばこれ以上利口者はいない

第五章 反動か革命か幕末維新
――諸候頼むに足らず、草莽の志士糾合、
義挙の外にとても策なき

第六章 琉球処分
――琉球の土地はわが国薩摩・大隅山脈に
断続しているもので日本政府の管轄の領土である

終 章 紺碧の海辺野古
――優しい貴方は“今ここに”と
正義と真理と自由のためにウソと欲得の塊と化した
政権に怒りをこめてハンマーを打ち下ろす
林 順治
はやし・じゅんじ
著書『エミシはなぜ天皇に差別されたか』、
『日本古代国家の秘密』、『アマテラスの正体』、
『法隆寺の正体』、『馬子の墓』、『義経紀行』、
『漱石の時代』、『ヒロシマ』、『武蔵坊弁慶』、
『八幡神の正体』、『古代 七つの金石文』
(いずれも彩流社)。
『応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった』
(河出書房新社)、『日本人の正体』(三五館)、
『仁徳陵の被葬者は継体天皇だ』(河出書房新社)。