世界史をナビゲートする

世界史をナビゲートする

地球大の歴史を求めて
パトリック・マニング/著 、 南塚 信吾/監訳 、 渡邊 昭子/監訳
通常価格
¥8,800
販売価格
¥8,800
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2016/5/23

書名カナ セカイシヲナビゲートスル
判型/製本 A5/上製
ページ数 655
ISBN 978-4-7791-2217-0
Cコード 0022
「世界史」という学問の生成と現状、新たな展開への可能性を示す! 世界史は環境史などの新分野の成果と議論を検討する必要性と、また分析の論理とともに各国で世界史教育が盛んになっている現状から、今後の在り方を提案する。パトリック・マニング南塚 信吾渡邊 昭子978-4-7791-2217-0地球大の歴史を求めて
【収録内容】
日本語版によせて
序 文
  第一部 世界史の展開
第1章 世界史の定義
第2章 1900 年までの歴史哲学
第3章 大いなる総合── 1900 〜1965 年
第4章 テーマと分析── 1965 〜1990 年
第5章 世界史分野の組織化── 1990 年以降
第6章 世界史を語る
  第二部 歴史研究における革命
第7章 学問の諸分野
第8章 学問の諸分野
第9章 グローバル・スタディーズ
  第三部 近年の研究成果
第10 章 政治史および経済史
第11 章 社会史
第12 章 生態系、科学技術、健康
第13 章 文化史
第14 章 世界史を議論する
  第四部 世界史における分析の論理
第15 章 歴史におけるスケール──時間と空間
第16 章 枠組みと戦略のモデルを作る
第17 章 解釈を検証し、提示する
第18 章 世界史を分析する
  第五部 世界史の学習と研究
第19 章 大学院教育のプログラムと優先順位
第20 章 学習のコース
第21 章 大学院での学習のための資源
第22 章 世界史を研究する
第23 章 結論:世界史における課題
文献目録/原註/索引
パトリック・マニング
Patrick Manning
ピッツバーグ大学歴史学科、同大学世界史センター所長、
2015年度アメリカ歴史学会会長。
専攻:アフリカ経済史、移住史、世界史。
主要著書:Big Data in History:
A World-Historical Archive (Palgrave Pivot, 2013)、
Migration History in World History:
Multidisciplinary Approaches (Brill, 2010)
南塚 信吾
Shingo Minamizuka.
みなみづか しんご
1942 年、富山県生まれ。NPOIF世界史研究所長。
千葉大学名誉教授・法政大学名誉教授。
著書『静かな革命――ハンガリーの農民と人民主義』
(東京大学出版会、1987 年)、
『ハンガリーに蹄鉄よ響け――英雄となった馬泥棒』
(平凡社、1992 年)、
『ブダペシュト史――都市の夢』(現代思潮新社)、
『世界史なんていらない?』(岩波書店[岩波ブックレット])、
『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社)ほか。
訳書A・アンダーソン『ハンガリー1956』(現代思潮新社)、
ビル・ローマックス『終わりなき革命――ハンガリー1956』
(彩流社)、『歴史学の未来へ』(ノーマン・J. ウィルソン、
木村真共監訳 法政大学出版局)ほか。