公民権運動の歩兵たち

公民権運動の歩兵たち

黒人差別と闘った白人女子学生の日記
北 美幸/著
通常価格
¥3,740
販売価格
¥3,740
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2016/3/30

書名カナ コウミンケンウンドウノホヘイタチ
判型/製本 A5/上製
ページ数 303
ISBN 978-4-7791-2214-9
Cコード 0022
1965年夏。大学生の著者は、キング牧師が率いる「南部キリスト教指導者会議」運動員として活動に参加。警察からの暴力、白人からの脅迫、彼女の日記には強い問題意識と行動力で自由を勝ち取る公民権運動の「歩兵」の姿があった。北 美幸978-4-7791-2214-9黒人差別と闘った白人女子学生の日記
第一部 
公民権運動の歩兵たち
――SCOPE 計画、ユダヤ人、ブランダイス大学

(1)公民権運動の「失われた章」
(2)ミシシッピ・フリーダム・サマーからセルマへ
   ――投票権法の成立に向けて
(3)SCOPE 計画の始動
(4)ブランダイス大学と公民権運動
(5)ユダヤ人と公民権運動
(6)リン・ゴールドスミスの生い立ちと日記の概要

第二部 
リン・ゴールドスミスの日記、一九六五年夏

訳出にあたって
(1)初めての南部
   ――アトランタからコロンビアへ
(2)カルフーン郡での生活
(3)有権者登録日と逮捕されたリン
(4)SCLC 年次大会とバーミンガムへの旅
(5)揺れるカルフーン郡

……他
北 美幸
1972 年、福岡県生まれ。
お茶の水女子大学文教育学部外国文学科
英文学英語学専攻卒業。日本学術振興会特別研究員(DC 1)、
メリーランド大学大学院留学を経て、
九州大学大学院比較社会文化研究科博士後期課程単位取得退学。
博士(比較社会文化)。ニューヨーク大学(2011 年)、
ブランダイス大学(2012 ~ 2013 年)にてフルブライト研究員。
現在、北九州市立大学外国語学部国際関係学科准教授。
主要著作:
『半開きの〈黄金の扉〉――アメリカ・ユダヤ人と高等教育』
法政大学出版局、2009 年、
“Breaking the ‘Gentleman’s Agreement’:
Jews and the 1945 New York Fair Employment Practices Act,”
Fruma Mohrer and Ettie Goldwasser eds.,
New York and the American Jewish CommunalExperience
(New York: YIVO Institute for Jewish Research, 2013)、
「アメリカ・ユダヤ人とブランダイス大学――
「社会的正義」のホームとしての可能性」『地域研究』
(京都大学地域研究統合情報センター)、
第14 巻第2 号(2014 年3 月)。